よく見てあげないと

に胡のお見合い前のこと。

 

保護時に比べると格段に体の状態が良くなっていて、
遊ぶし食べるし、風邪引かないし、安心しかけた頃、

膝にのっけてなでていたら、右耳の後ろに小さなでき物を発見しました。

 

よくみたら、肌色の地肌が盛り上がっていて、その周りが腫れてる・・・
何かニキビみたいな感じ?でき物が破裂しかかっている感じです。

直径5ミリくらいあって結構大きめ。


なぜ今まで気が付かなかったんだろう・・・?と青くなりました。

慌てて病院へ。

 

びょういんよりあそぶでちー!!

 

先生が注意深くブラシでかき分けながら耳の後ろを探っていきます。

 

 

革手袋の看護士さんが大げさな感じですが、
のみ取りブラシで核心の部分をしつこく触られるので、
とても嫌がって大暴れ(><)

 

先生は慎重にその部分にブラシを入れながら


「これは・・・毛玉ですね」

 

「えぇっ?でも皮膚が腫れてますよね??」

 

「スポンジですね」

 

 

はい?( ゜Д゜)

 

 

・・・そういえば、サークルに入れた猫ベッドの底がガジガジにかじられてスポンジが露出していたっけ

 

・・・・あれは

 

・・・肌色

 

 

でき物の正体はスポンジを巻き込んで成長した毛玉でした。

 

(´д`)はわわぁ〜・・・


はさみでカットしたのがコレ


すっかりフェルト化しています。ひぇえい・・・。


こうなるともうクシでほどこうとしても不可能。
無理に引っ張ると、皮膚が引っ張られるのでかなり痛がります。
はさみで切るしかありません。

 

ほっといたらこれが雪だるま式に大きくなっていくんですね・・・。

 

毛玉、恐るべし。


そんな事を思いながらローリーを撫でていたら、脇の下あたりに固まりが・・・(>_<)
クシを通してある程度ほぐしましたが、中心部は固かったので、はさみでカットしました。

 

ぼかぁ、自慢の脇毛をチョッキンされました。


今まで出来た事は無かったんですけどね。

冬毛になってモフ度が増してきたせいかもしれません。

 

 

もしこのこ達がまだ外にいたら、
今頃は枯れ葉を巻き込み、ゴミを巻き込み、フェルト化して
相当ヒドい状態になっていたかもしれません。

 

野良猫で長毛は相当なハンデだと思います。

 

こういう子達が増えない事を願うばかりです。

 

ローリーまめちゃんは里親さま募集中です!

 

 


ホールドすんすん

週末、に胡ちゃんのお見合いがありました。

 

おみあいてなんでちか?

 

とってもとっても大事な事だよ。

 

に胡はここに来た時、足がブラブラして痛かったでしょ、
お腹には虫がいたし、ノミもいっぱいいたし、
ずーっとお腹空いてたでしょ。

 

うん。


寒かったし、ひとりで怖かったよね。

 

うん。


本当は守ってくれるひとが必要なのに、に胡には居なかったんだよ。

 

お見合いすると、守ってくれるひとが出来るかもしれないの。


おみあいするでち!


ということで、日曜日。

 

お見合いにいらしたIさんが、巨大サークルに手をいれると。。。

 

 

このひと、に胡のでち!


早っ(笑)


Iさんのお仕事が一段落する12月半ばから、トライアルスタートです。

 


またたび持ってTriniteに

てゅりゃてゅりゃてゅりゃてゅりゃてゅりゃてゅりゃりゃ〜♪♪

 

って歌っちゃうぐらいあっという間の1週間でした。
ブログを更新せず、反省しています。

 

先週はこんなものをてゅりゃてゅりゃしていました。

 

お総菜?和菓子?風に詰め合わせたのは猫のおもちゃです。

 

ニットボールの中には鈴だったり、音がするものを仕込んだり、
テトラ型の中にはマタタビを仕込んだり。

 

これを持って金曜の夜、ここへGOしました。

 

 

Trinite「神々の骨」ツアー @ 5/R Hall&Gallery

 

直前ツイートするぞー!と思い、開場前にこの看板を撮ったのに、
あわあわしながら受付の準備をしているうちにツイートし忘れてしまいました(涙)
悔しいのでブログに貼ります ( ;∀;)

 

一緒に受付を手伝って下さったsuamakunさん、本当にありがとうございました。
suamakunさんがいなかったら私は算数の計算が出来ませんでした。

 

ライブはCDを超越した別モノに進化していて、一期一会の音に鳥肌でした。
持ち回りMCはオモシロ過ぎて、いい意味でこのギャップがやみつきです(笑)
あっという間の濃い時間でした。

 

オモチャセットは、この日お会いした猫飼いのみなさまの
お家でお留守番している猫たちへのささやかなプレゼント。

 

楽しんでくれたら嬉しいな。

 

ちなみにうちの子たちには、またたびテトラ以外は人気がありませんでした(涙)

 

ナニソレ顔の、に胡ちゃんにもお試ししてみました。


数十分後にコレ。

撃沈。

 

久しぶりに編み物して楽しかったので、私的には満足です(。>∀<。)

 


ブラン、幸せにね!

昨日はブランの正式譲渡でした。

 

お久しぶり〜っ♪

と迫るおばさんに、戦々恐々でお出迎え(涙)

 

とはいえ、そこはブランですから。


ひもをフリフリすれば、ほらこの通り。


Hさんご夫妻は猫を飼うのが初めてでしたので、ゆっくりとお話を進めました。

 

ご飯のこと、脱走防止のこと、遊びのこと、トイレのこと・・・
たくさんうるさい事を言いましたが、真剣に聞いていただき感謝です。

 

トライアルをスタートさせてから、毎日のように様子を教えてもらいました。
初めての猫との暮らし。しかもやんちゃなブラン(^^;)

 

初めてオシッコしました!
砂が固まりました!
ウンチ今しました〜!!
スゴい!隠してます!

 

何もかも初めてで、ドキドキの日々だったと思います。
でも愛情たっぷりの報告で、嬉しかったです。

 

ご主人手作りの遊び場
楽しみながら作って下さった様子が伝わるようです(^^)

脇にキャットステップがついていて、てっぺんまで上がれます。
足場の部分には全てタイルカーペットが敷いてあって、滑らない工夫もしています。

 

遊び場の横にはコタツも出してもらってふっかふか


お二人の間に入って、お菓子チェック(笑)コラコラ

 

この一瞬前、おふたりの間にちんまり座って、その3人の様子がとてもかわいかったので、スマホ出した瞬間・・・目的はコレだったのか(笑)

 

室内はスッキリと整理整頓されていて、カーリー・ジラフが低く流れてて、居心地のよいソファがあって・・・・ブラン、お願いだからあまり破壊しないでね・・・

 

私たちの話し声を聞きながら、遊び疲れてウトウト。。。


スヤスヤ眠る顔を見て、ここがブランのおうちになったんだなぁと・・・

 

名前はそのままブランになりました。

 


7月

赤信号で止まっただけなのに、外から大声あげて呼び止められました。
新手のヒッチハイカーか(笑)

 

痩せてて目も痛々しかった


へへ。作戦成功♪って顔してるけど(笑)気のせいだよね?


8月。真っ白になって、ふっくらしてきて可愛すぎた

 

9月。飛び回って遊んだね。もっふぃーずたちは呆気にとられてた。


10月 爪研ぎポールにロックオン

ブランのくったくのない明るさが大好きでした。
なんど笑ったか分からないよ。

 

出会ってくれてありがとう。

ずっとずっと幸せにね。


ブランを応援してくださった皆さまへ。

 

 

ありがとうございました。・:*:・゚★,。・:*:・゚☆


 


殺処分ゼロバブル? と、に胡ちゃん近況

先週、横浜で開催されたシンポジウムに参加してきました。

 

 

「動物のいのちを考えるシンポジウム 殺処分ゼロバブル?」

 

サブタイトルは
「殺処分ゼロ」この言葉だけが一人歩きしてない?
「殺処分ゼロ」の裏側に潜む矛盾と葛藤をみんなで考えよう!

 

定員100名でしたが、立ち見の方や、通路にも椅子が出ていたので、100名を優に越えていたんじゃないかと思います。

 

殺処分ゼロキャンペーンに水を差すようなタイトルですが、決してそういう趣旨ではありません。

 

殺処分されるペットがいなくなるのは文句なしに素晴らしいと思います。
反対する人はあまりいないと思います。

 

最近は「東京オリンピック開催の2020年までに殺処分ゼロに!」
と、ゴールを設定したスローガンも出てますよね。

 

ねこブームもあってか、動物愛護の感心も高まってますし、
殺処分ゼロが近い将来に実現するなら、こんなに嬉しい事はありません。

 

ただ、ずっと気になっていたのは

 

どうやって?

 

という実体の部分があまり聞こえてこない事でした。

 

- - - - 

 

今回、行きたいと思った理由のひとつに
獣医師・保護動物アドバイザーの西山ゆう子先生の基調講演がありました。

 

西山先生は20年以上ロサンゼルスで獣医師としての勤務した経験から、
日本と海外の愛護活動の違い、動物福祉の考え方などを各地で講演されています。

 

基調講演のタイトルは「殺処分ゼロバブルがもたらす弊害」

 

先生はスライドで、息子さんの、床も見えないゴミだらけの汚部屋(笑)を映しながら

 

「家にお客さまが来るから、恥ずかしいから部屋をなんとかしなさい!」と激怒して片付けさせた。

 

キレイになった部屋をみて、やれば出来るじゃん!と感心したけれど、実はクローゼットに全てのものを詰め込んだだけだった。

 

という話をしながら

 

これ、何かに似てませんか?

 

と・・・。

 

- - - -

そもそも犬猫がセンターに持ち込まれなければ、殺処分ゼロ達成ですが、

では持ち込まれてしまった犬猫がいた場合、殺処分しないためにはどうするか。

 

行き先は3つ。

・譲渡(新たな飼い主に引き取られる)
・移動(愛護団体が引き取る)
・返還(元の飼い主が判明し、戻る)

 

愛護団体が引き取った(移動)場合(これが1番多いと思いますが)、その後、その犬猫は譲渡されたのか、譲渡されずまだ保護犬、保護猫として生きているか、もしくはなんらかの病気で亡くなったのか、更に別の団体もしくは預かり先に移動したのか、トラッキングできません。(公表している団体はあるのかな?)


先生の言葉で特に印象的だったのは、

 

死刑(殺処分)から終身刑(一生ケージ)でいいのか。

 

ということでした。


この言葉が意味することはとても重いです。

 

 

愛護団体、個人ボランティアはほとんどの場合、常に保護猫・保護犬をたくさん抱えています。

抱えすぎた結果の2次崩壊も実際起こっている話です。

 

殺処分をまぬがれた犬猫たちが本当の意味で救われなければ、
殺処分ゼロとは言えないと思うのです。

 

だからこそ中身のある運動であって欲しいと思っています。

 

- - - -

 

っとここで、猫写真不足になので、に胡ちゃんに登場してもらいましょ。

 

おっさん、だあれ?


はなちぇー!


に胡ちゃん、背中のゴツゴツが消えてふっくら仔猫らしくなってきましたよ♪

 

に胡ちゃんの里親さまを募集しています。

お問い合わせはこちらまでよろしくお願いします!!

 

nyahoidahoi@gmail.com


 


こもちゃんのトライアル

実は、先週木曜日からこもちゃんのトライアルがスタートしています。

 

「あの」怖がりで怖がりで怖がりな(しつこくてスミマセン)こもちゃんが・・・

 

こもちゃんアルバム


大好きなお気に入りのハンモックと共に、
トライアル先のおうちで頑張っています。

 

サイズも適当、縫い目も適当、いつもの適当ハンドメイドのハンモック。

 

もう何年も使っているボロボロのハンモック。

 

みんなの匂いが染みついたハンモック。

 


新しい場所で、少しでも落ち着けますように・・・

みんなの匂いに包まれて、少しでも早く緊張が解けますように・・・


そう願いながら、ご用意頂いたケージに取り付け、こもちゃんをお願いしてきました。

先住猫さんがいらっしゃるおうちですので、少し長めのトライアルになると思います。

 


緊張してます・・・

 

Iさんのおうちからは、毎日丁寧なご連絡を頂き、こもちゃんの様子を教えてもらっています。


頂いた動画や写真からこもちゃんの気持ちを少しでもくみ取れるように、気持ちをこもちゃんに合わせています。

 

なんと、翌日にはハンモックの上でナデナデされてる動画を頂き、
更にその翌日にはハンスト解除(早っ!)、ご飯を食べ始めたそうです。

 

こもちゃん、がんばっていますよ。


 


に胡ちゃんの一軒家

書きたいことがいっぱい・・・

 

しかし、そもそも筆無精な性格なので、腰が重くて・・・(>_<)
自分の中だけでどんどんたまっていくので、便秘気味です。

 

頭の中では常にぶつぶつ言ってるんですけどね(危ない(^^;)?)
せめてこれをツイッターに吐き出せばいいかも、結構良いこと言ってる気もするし。
と思いながら、それも含めて全て心の中でつぶやいて終わってます。(あるある?)

 

 

ちょっと、いやかなり?数日遅れの話題からになりますが、
とりあえずひとつずつ書いていこうと思います(>_<)。

 

まず、に胡ちゃんのこと。

 

足の骨折&お腹の虫(コクシジウム)の事があるので、
先生からは隔離が望ましいです。と言われていました。

 

ので、アレしかないな、と。

 

どん♪

 

買っちゃいました。一軒家(^^)

 

 

広いでち!!


 
アンニイさんのブログ「幸せの703号室」で見て、
これは良い♪と思っていたんです。

 

うちの場合、近い将来くるであろう、ぽんちゃんの介護に良さそうだと思ったし、
昨年亡くなったクロ美の事も浮かんで。

 

 

クロ美は徘徊もあったし、おしっこ垂れ流しもあったし

 

 

このサークルの中でトイレもご飯もベッドもコンパクトにしてあげた方がラクだったかもしれないなぁと・・・。

 

いずれは欲しいなぁ・・・と思ってました。

 

そんな事を考えていたら、に胡ちゃんがやって来て。

 

ってもしかして、「大きなサークルが欲しい」と思った気持ちがこの状況を引き寄せたとか・・・?!いやいや、怖いからやめよ・・・(>_<;)

 

まさに、うってつけ(^^)

 

骨折が治るまでは安静第一、段差はNGなので、2段、3段ケージはダメだし、
かといって1段にすると、トイレ、ベッド、ご飯、お水入れを入れたらキュウキュウで可哀相。

 

これは遊ぶスペースもあるし、隔離感もあまりなく、とても良いです。

 

 

直径が150cmと大きいので、置き場を確保するのが大変ですけどね(^^;)

 

に胡は順調に回復しています。


今日は1回目のワクチンもしてきました(これは後日書こ・・・)

 

 

元気になったら里親さんを募集いたします。

ご質問などなんでもお問い合わせ下さい。

 

 

よろしくお願いします!

 

nyahoidahoi@gmail.com


 


ストーブ通信2016

今年もストーブ通信がはじまったようです。(担当:にゃほK)

 

初ストーブは11月9日の夜。

みんちゃんとちびちゃん

 


じぇいじぇい

 

アラジンストーブとその周辺になんとな〜くいる猫たち。
コンセプトはそれだけ(笑)

 

最近のにゃほ家はエアコン、オイルヒーター、ホットカーペットを駆使し、
年々暖房対策を強化しているので、最近はこんなけしからん一派も。

 

ホカペ♡ラバーズ

にゃにゃお(左)とイチゴ(右)


これから春先までゆるゆると続く予定です。


フェイスブックインスタツイッターに投稿していますので、
よろしければご覧ください(^^)

 

- - - - 


2009年12月6日。多分これが始まり。

 

マロ(右)と、ぷっちゃん(左)


目つき・・・w


いつもこうして一緒だったなぁ


お寒うございます。


サビちゃんも好きだった


目ぇ細めちゃって・・・


うんうん、おしり大事。

 

 

みんなに会いたい。

 

くぅぅ・・・写真を見出すと止まりません(つ﹏<)・゚。

 


みんなノラ猫で、ストーブなんか知らなかったよね。

 

 

暖かい冬を過ごせる猫が増えますように。


 


あんしんのばしょ

水曜日、突然LINEで送られて来たナゾの仔猫(しかもイキナリ受診中の写メ)

 

 

にゃほKの会社敷地をうろついていた所を気にかけた社員の方が

「ネコと言えばあの人」という事でにゃほKにお呼びがかかったようです。

 

(ハムのひとならぬネコのひと的な地位を築いている様子・・・)

 

数日前からウロウロしていたという話もあるようです。

 

 

長毛なので見た目では分かりませんが、
背中がゴツゴツでとても痩せています。

 

保護時の体重は700g。

 

先生の見立てでは生後3ヶ月ぐらい。
8月初旬ごろ生まれたようです。

 

1kg超えてていいぐらいの月齢なのに・・・涙

 

病院に2泊した後は900g近くになっていました。
ずっとお腹空いてたんだね・・・。

 

まず、いろいろと可哀相な状況があって、

 

保護時からびっこをひいていて、
診察の結果、後ろ右足を骨折していました。

 

ヒトでいうところの、太ももの太い骨の骨折。
かなりの大怪我です。

 

幸いにも隣にある細い骨が折れていなかったので、
それがギプス代わりになり、安静にしていればひと月ほどで治るようです。

 

それと顔面左に大きな傷、他にも体のあちこちにも多数傷がありました。

 

お顔をジョリジョリされました。
おにゃのこなのに、ね。

 

何らかの事故か、虐待によるものなのか、動物にやられたのか、
どこか高い所から落ちてしまったのか、、、、誰にも分かりません。

 

ただこのような状態で彷徨っていた事しか分かりません。

 

体中ノミだらけ、お腹にもムシ(コクシ)を飼いながら(><)
ヨレヨレの満身創痍で保護された仔猫は、
会社名にちなんで「に胡ちゃん」という仮名になりました。

 

ココ、ドコデチカ?

 

あんしんのばしょデチカ?

 

 

そう、ここはあんしんのばしょだよ。

 

もうだいじょうぶ。

 

 

甘えん坊のゴロゴロちゃんです。

治療が終わり次第、里親さんを探そうと思います!

 

もしこのブログをみて、に胡ちゃんに興味を持たれた方は下記アドレスまで
ご質問などなんでもお問い合わせ下さい。

 

よろしくお願いします!

 

nyahoidahoi@gmail.com

 

 


ブラン、トライアルスタート

しました!(タイトルから続き)

 

昨日は、貸し出し用2段ケージ、おもちゃ、フリース、お気に入り爪研ぎポール、ご飯、オヤツ、いろいろ詰め込んで、いざHさん宅へ。

 

ブランはもちろん洗濯ネットに入れたあとにキャリーにIN。

 

車で30分ほどドライブして到着。
走り出しは少し鳴いていたけど、程なくして落ち着きました。おりこうです。

 

使い古してますが(汗)、ブランが好きなおもちゃを持参したので、
すぐに遊び出しました。

 

左にあるのは制作途中のブラン用のケージだそうです。スゴい〜。

 

ご主人が背中を撫でるとしっぽピーンでご機嫌。
ホカペのコードはしっかりカバーを付けてもらったので安心です。

*かわいいプリ玉は年内にはサヨナラしてもらう予定です。

 

寒くなったので開ける機会は減ったとはいえ、やはりコレ(脱走防止)を作って頂くと、ほっとします。ありがとうございます。

 

フェイスブック等SNSで速報しましたが、
我々が帰った後、送られて来た写真がコチラ。

 

早っ!笑

 

ご飯は私たちがまだいる時に食べてたし、新しいトイレもきちんと使っているようです。

 

順調な滑り出しです(^^)

 

 

 

そして何故か、タイミングが良すぎるとしか言えない事が起こるもので。。。

 

 

ブランのトライアル前日、仕事中のにゃほKから届いた謎の写真。

 

 

・・・へ?

 

 

あのひと、仕事中になにやってるんでしょうか・・・?

 



calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< December 2016 >>

facebookページもあります。『いいね!』よろしく♪

Twitter

いつでも里親募集中

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

  • 猫鳴り(沼田まほかる・著)
    こみち

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode