のの&ここ、ずっと幸せにね。

  • 2017.03.25 Saturday
  • 22:25

あっという間にまた週末が来てしまいました(早っ)先週3連休のこと。

 

のの&ここ、正式譲渡いたしました(^^)

 

ののちゃん久しぶり〜


先住さん2ニャンいるところに、2ニャンのトライアルは初めてでしたが、
先住サラちゃんが人にも猫にもフレンドリーな子だったことと、
のの&ここも同じく人見知りもなく、すぐになじめるタイプの子だったので
うまくいったのかな、と思います。
年齢が近くて遊ぶパワーが同じなのも良かったかもしれません。

 

仲良くなってくれて本当に良かった!!

よくみると、4ニャンいますよ(^^)

 

怖がりのモカくんはしばらく慎重に様子見していたようですが、
3ニャンが仲良くしている姿をみて、Mさんいわく、
「なぁんだ、こいつら怖いやつじゃないんだな、てかむしろ一緒に遊べるんじゃね?!」って思ってくれたみたいです(^^)

 

私たちが来る1時間前に何かを察し雲隠れ(猫あるある)
会う事は出来ませんでしたが、お土産のおもちゃで遊んでいる写真を後から頂きました♪

 

遊んでくれてありがとう♪

 

12月末にのの、1月頭にここを保護。
ののはひどい猫風邪で片目がつぶれかけ、ここは保護してみたらひどい熱で。

 

ののちゃん保護の経緯 
ののちゃん保護の経緯 その2

 

ここちゃん保護の経緯 

 

すぐに猫風邪の治療を始めましたが、わずかに涙目が残ってしまったふたり。
外で頑張って生きて来た証だしサバイバルの勲章。
でも、気にする人もいるでしょう。

 

ののここに会ったMさんの「うちのサラとおんなじです(^^)ニコ」のひと言で
私の不安は心地良く吹っ飛ばされました。
覚えてらっしゃるか分からないけれど、私には心強いひと言でした。

 


Mさん家族は中学生の息子さんと小学校高学年の娘さんがいる若い元気いっぱいファミリーで、猫たちのドタバタも「みんなでプロレスしてます♪」と、楽しんでくれてます。


そんな大らかな雰囲気も、のの&ここ達にピッタリ。

猫大好きYちゃん(娘さん)は、率先して爪切りや遊び相手をしてくれてます。
猫の抱き方も慣れたものです。

 

ここ、ボケちゃった(^^;)

 

グレー猫さんも写真難しい〜(^^;)

 

懐かしい縁側のある平屋にお住まいで、思わず「おばあちゃんちに来たみたい」と言ってしまいましたが、そのぐらい居心地がよくて、コタツに入ってボーッと縁側を眺めながら長居したくなるMさん宅。

 

その広いお家を気兼ねなく走り回っていてノビノビと暮らしています(^^)
よかったね。ふたりとも。

 

記念にふたりを抱っこ(^^)

 

ここちゃん、緊張か? 笑


ののちゃんはケロリ


ふたりはそのままのの&ここになりました。

 

Yちゃんは時々「のんのん」「こんこん」って呼んでるらしいです(^^)
かわいいね。

 

あっという間にお嫁にいったラッキーガールズ。

 

ずっとずっと幸せにね+゚+。::゚。:.゚。+。::゚。:.゚。+。。+.。゚:;。+゚+。::゚。:.゚。

 

 

今日も平和ナリ

  • 2017.02.23 Thursday
  • 23:53

ののここ、うまくやっているようです(^^)


怖がりの先住モカくんも、少しずつののここに慣れて来たみたい♪
先住サラちゃんの大らかさがみんにゃの安定に貢献している気がします。

 


全員でひなたぼっこ中。

 

- - - - 

 

まったりしてるローリーをブラッシングする事にしました。

 


このブラシ、とても便利


本体後ろのボタンを押すと、毛だけまるっと捨てられます。

スリッカーブラシに絡まった毛をとるストレスがない!ブラボー♪
 

 

に胡の里親Iさんに教えて頂きました。
そんなに胡ちゃん、いよいよ来週不妊手術だそうです。無事に終わりますように!

 

ますます美猫ちゃんに・・・(*^^*)

 

 

ローリー、またまた脇に毛玉を飼ってました・・・。
これはさすがにスリッカーではほぐせず。


鼻毛用のはさみでチョッキン。
皮膚に近い部分を切るので、先が丸い鼻毛用を思いついた自分を褒めたい。

 

コイツ、よくもボクの分身を〜(怒)


ロリ毛をまめちゃんに献上してみた


くんくん


べしっ


恨みでもあるんかーい。

 

あぁ、、、まめちゃんが可愛すぎる。

 

保護部屋は今日も平和でございました。

 

落ち着いた日々

  • 2017.02.19 Sunday
  • 19:22

今日は、春を感じるような気持ち良い日だったので、
保護猫たちの部屋の掃除に励みました。

 

ののここがそれぞれ過ごしたケージを拭き掃除、
がじがじに噛んだ段ボールを片付けたり、
敷物を洗ったり、
ついでに部屋のプチ模様替えもしたり。

 

その後は、本屋さんいったり、
偶然寄った珈琲屋さんで美味しいコーヒー豆に出会えたり。

 

小さな事がしやわせ〜♪な
久しぶりにゆったり落ち着いた週末でした。

 

- - - - -

 

ののここがトライアルに出て一週間。

 

と書いて、まだ一週間だったのか!と自分でビックリですが 笑

 

二人とも初日からご飯ぱくぱくだし、
Yちゃん(娘さん)にたっぷり遊んでもらい、
先住ねこのサラちゃんとも普通になじんでいる様子をご報告頂いていて
(モカくんはまだ遠巻きに眺めている様子ですが)
順調なスタートにホッとひと安心していたので、
だいぶ経った気になってました(^^;)

 

 

 

ヒトが好きで、ヒトに甘える事を知っていて、ヒトを信じてる。

 

 

何の問題もなくヒトとの暮らしにすーっと溶け込めるコたち。

 

 

こういうコたちを外に置いといてはイケナイ、と強く思います。


保護は大変だけど、外で生きる事はもっと大変なのだから。

 

- - - - - 

 

イチゴの目薬、1日3回も順調(捕獲担当のにゃほKが 笑)
ちなみに私は猫なで声だしつつ目薬ぽっちょん担当です。

 

捕まるまでは、逃げるわ、抵抗するわ、シャーシャー言ったり
ダンっ!って脅しにくるイチゴですが、
ひとたびバスタオルでくるまれると途端に腰砕け(^^;)

 

情けな〜い声出して、目薬される姿にギャップ萌え(笑)
写真を撮る余裕はまだナシ(^^;)

 

にゃほK出社前の朝1回目、帰宅して2回目、寝る直前に3回目でノルマをこなしてますが、朝の時短のために、寝る直前の目薬が終わったらそのままケージに入れる作戦をとってます。

 

デメリットはケージを置いているのが寝室なので、オールナイトでうるさい・・・・(>_<;)
寝付きの悪い私はほぼ眠れない羽目に。

 

週末は時間があるのでケージに入れず、安眠出来ましたが、
明日からはまた眠れない日々かもしれません。

 

ちなみに、白くなっている部分はあまり小さくなってない感じ。
大丈夫かなぁ・・・(´・ω・`)
ちょっと心配です。

 

ふたり一緒にトライアルスタート

  • 2017.02.13 Monday
  • 15:38

トライアル? うん、のの食べる♪


食べ物じゃないってΣ(;゚ω゚ノ)ノ


という2人を連れて、昨日トライアル先のMさん宅へ。

 

それぞれのケージをご用意頂きました。

ステップ台に登りやすいよう、ワイヤーネットで工夫して下さいました。
足が痛くないよう、上にフリースを載せて使います。

 

扉を閉める鍵部分は、チェーンではなくシリコンです。
あのガチャガチャ音は個人的に罪悪感を感じるので、これはいいなと思いました。

 

玄関は上から下までしっかりワイヤーネットで脱走防止扉が作られています


Mさん宅には2頭の猫さんがいらっしゃるので、既に脱走対策済みなのです。

(左:モカくん、右:サラちゃん)

 

当日はお客さま大好きなサラちゃんがお出迎えしてくれました。


サラちゃんも猫風邪の影響でちょっぴり涙目さん。
ののこことおなじ。お外で大変だったんだね、よく頑張ったね。


さて、ぼちぼち帰るよ。のの&ここ、がんばってね!


と言ってるハナからもう猫じゃらしに夢中だし(^^;)


ここちゃんは持参したハンモックの上でおすまし。

 


その後、ふたりとも夜ご飯はしっかり食べたようです。さすが。

 

娘さんと遊ぶののちゃん写真もいただきました。
もうずっと前からMさん宅のコみたい・・・笑


ここちゃんも少し遊ぶ余裕が出てきたようです

 

モカくんは手編みボールを気に入ってくれたみたい(^^)

 

先住猫さんがいらっしゃるので、トライアルはひと月ぐらいになります。

 

暖かく見守って頂けると嬉しいです。

 


猫たちにお土産いただきました。ありがとうございます♪

 

 

あと2週間

  • 2017.01.30 Monday
  • 17:43

この週末トライアルに出る予定だった、ののここたち。

 

ですが、ここちゃん鼻水がちょっと出ていて、心配に・・・。
ということでザンネンですが、トライアルを少し伸ばして頂く事にしました。

 

二人一緒に窓の外を眺めてます(左:ここ 右:のの)

 

寒い時期ですし、お家を移動するという事は室温の変化もあるので、
念のため、お薬飲みつつあと2週間ほどにゃほ家のみんにゃと合宿です。

 

ちなみにふたりともお薬のむのは上手です。
ゴロゴロ言ってる間にゴックンできちゃいます♪

3種類の薬。空のカプセルに入れて一度に飲ませます。
この方が早いし、苦くないですからね。

ちゃんとのどを通過するように、この後シリンジで少しお水を飲ませます。


まめちゃんは最初、二人にシャーシャーしてましたが(笑)今では慣れました。

↑めったに見られないし、全然怖くない(むしろ可愛い 笑)シャー。


ローリーは相変わらず新入りさんに人気。


ぽんちゃんは相手が仔猫だろうが成猫だろうが、全く動じません。

気に入らない相手は誰であれ、ぽかっと叩きます(笑)

 

 

お客さまが見えても動じず、ソファの上でおもてにゃししてくれるし。

 

にゃほい合宿所の頼れる所長さんです(^^)


ののちゃん、ちょいベロ出てるよー。

 

きゃはは、ののちゃん、オモシロ〜。

笑うここちゃん(^^)

 

に見えるアクビ。

 

さ、今週もがんばろ。

 

ラッキーガールズ

  • 2017.01.23 Monday
  • 16:16

金曜日、ここちゃん不妊手術を終えました。

 

無事に終わり、ホッとしてます。っっjkkkkkkkkkkっっっっkkkkっっっっっっっk

 

(っとここでトイレに立った隙に、ののちゃんが続き↑を頑張ったようです)


ほんの少し前まで、寒さに震えながらノラ猫として生きていたのの&ここ。

 

保護して間もないふたりですが、トライアルのお話を頂きました(^^)

 

 

間を取り持ったキューピッドは


このおふたりさん。

 


お見合いの最中、緊張のあまり魂が抜けてます・・・

 


じつは、ローリー&まめちゃん、ふたり一緒のお見合いでいらしたご家族が、

特に小学生の娘さんがののちゃんと波長がバッチリ☆

 

ののちゃんもこんなにたくさん遊んでもらうのが初めてで、
嬉しくて楽しくて、お見合い中ずっと一緒に遊んでいました。

 

また、せっかくなので別室にて隔離中だったここちゃんにも会っていただいたら、

ころんと転がり、ヘソ天ゴロゴロダンスを披露。

 

可愛くて甘え上手なふたりのアピール力の高さに、私もビックリでした。

 

 

家族会議の結果、のの&ここちゃんで、というお話になりました。

 

私もそんな気がしておりました。

 

相性は大切ですからね。

 

おつかれさま・・・(^^;)

 

 

ふたりとも猫風邪をもう少ししっかりケアしてからのトライアルになります。

 

 

よかったね♪


 

ここちゃん保護の経緯

  • 2017.01.19 Thursday
  • 16:51

1月9日、枯れ葉だらけの公園から、いきなり病院の診察台へ。

 

 

ののちゃんと同じ現場で保護しました。

 

月齢も同じくらいですし(獣医さんいわく8ヶ月くらい)、
ふたりともとても人懐っこい性格なので、姉妹の可能性は高いと思います。

 

 

最初に出会った時、このコはここから連れて出して欲しいんだ、と思いました。

 

12月21日


私の膝に前足をのせて、必死にニャーニャー話しかけてきたんです。
何のためらいもなく。

 

気持ちだけで行動できるなら迷わないけれど、
保護はキャパと時間とお金、などなど・・・

 

考えなければならない事がたくさんあって

 

 

12月30日

 


この日も切々と語りかけてきました。

 


1月5日

 


いきなり膝に乗って、しかもショルダーバッグのヒモをくぐり、
私に熱視線をむけてます。

 

そして膝の上でフミフミフミフミ・・・・。

 

食べ物を出しても、それよりなにより、とにかくヒト。

こんなにヒトが好きなコがどうしてこんなところに?


考えても仕方ないけど・・・

 

動物の遺棄は犯罪だ、100万以下の罰金だ、といっても実際は野放し。

 

腹を立ててるヒマがあったら、頭を切り換えて猫たちのために動く方が精神衛生上も現実的にも建設的。

 

実行力のない罰則より
不幸な動物に心を寄せるヒトがじわじわ増える事に期待しています。
 


ののちゃんに比べると見た目は元気そうですが、実は熱がありました。
ワクチンは延期、投薬しながら養生中です。

 

 

ハンモック大好きです(^^)

 

 

おめめは気にしにゃい

  • 2017.01.17 Tuesday
  • 16:16

こんにちは。ののです。

 

目、だいぶよくなったよ。


よく見えるし、ここ、寒くないよ。

 

 

ののちゃん、保護当初から比べると、格段に目がきれいになりましたが、
よく見ると、左目が涙でちょっぴりうるうるしているし、瞬膜がすこ〜し出てます。

 

 

 

でも、ビフォーをしっている身としては、

ここまで回復してくれて、本当に良かった。100点満点です。

 

 

 

 

こんな風にもうノビノビ〜。

 

 

のびのび〜♪

 

 

なんでしょう、このくつろぎっぷりは(笑)

 

とにかく甘えん坊。ヒトが大好きです。
天然成分も多めで、なんだかいつもクスっと笑ってしまいます。

 

いるだけで場がぱぁっと明るくなる、そういうヒトいますよね。
ののちゃんは、そういうタイプです(^^)


そして、前回ちょっとだけお知らせしたご新規さん。

 

 

ロシアンブルー風。

目鼻だちのハッキリした美人ニャンです。

 

獣医さんの見立てで8ヶ月ぐらいの若猫さんです。

ののちゃんと同じ場所で保護したので姉妹かもしれません。

 

名前は、ここちゃんにしました。

 

紹介はこの次の記事で (`・ω・́)ゝ
 

ののちゃん保護の経緯 その2

  • 2017.01.10 Tuesday
  • 12:34

少し空いてしまいましたが(;∇;)、前回のつづきです。

 

とにかく早く目を診てもらわねば!と病院に直行。

 

 

到着後、捕獲器の中で性別を確認しようとするも、威嚇するわバタバタするわで先生もよく分からないとのこと。

 

突然の出会いで名前も浮かばないまま、「黒猫ちゃん」として預けてきました。

 

入院中に不妊手術(女の子でした)、目の手術(瞬膜の切開)など、必要な処置をして頂き、20日にお迎えに。

 

 

出会って2度目で保護したコ。


名前もまだ浮かばない。


3.3キロ。1歳前後の若猫さん。


幸いなことにウイルス検査は陰性。

 

でも性格は全然分からない・・・。

 

車の中では声ひとつたてません。

 

ドキドキしながら自宅へ連れ帰り、お互い知らない者同士という緊張感MAXの中、
キャリーから3段ケージに恐る恐る移動させました。

 

穏便にケージに入ってくれた時は、ヘナヘナでした。

 

私は知らない猫はとても怖いです。すぐに近寄ったりしません。
相手の様子が分かるまでこちらからフレンドリーには行けません。

 

私が猫なら、里親募集記事に「慣れるまで時間がかかるタイプ。」と書かれるでしょう。

 

とりあえず難関(ケージに入れる)はクリア!!


あとはじっくり観察のみ!

 

って・・・

 


 

あんた、ご機嫌じゃんっ!!

 

しかも、声かわいいんですけど(*´∀`*)

 

 


 

めっちゃフミフミしてるし!!

 


なんと!

 

凶暴説まで出て恐る恐る接していたのが滑稽すぎる展開に・・・笑

 

嬉しすぎる誤算でした!

 

ののちゃんはヒトが大好きな猫さんです。
すごく甘えん坊さんです。

 

 

そして、ちょっと・・・いやかなり天然ちゃんかも。
あまりにもヘソ天フミフミしすぎて、2段目から下に落ちました(笑)

 


投薬もラクラク。
何が起きたか分からないうちに飲み込むタイプです(≧▽≦)

 

近日中に里親募集サイトに掲載する予定ですが、
こちらでもお問い合わせをお待ちしています。

 

nyahoidahoi@gmail.com

 

 

どうぞよろしくお願いいたします!


 

ののちゃん保護の経緯

  • 2017.01.07 Saturday
  • 23:13

昨年末前回、少しだけ登場した新たな保護猫、ののちゃん。

 

11月、ブランが正式譲渡になり、
12月、に胡ちゃんがトライアルに出て、
こもちゃんの正式譲渡の日が近づいていた頃に話はさかのぼります。

 

3にゃんそれぞれが順調で、
(ローリー、まめちゃんは年越し組にはなったけど 涙)
里親さん探しの重圧からひとまず解放された気分でした。

 

そのせいか風邪はひくわぎっくり腰になるわ、
違う意味で大変だったけど(笑)

 

これから本格的に寒くなるし・・・
少し前から気になっていたコを保護しようかどうか、考えていました。

 

そのコとはいつも会える訳ではないので、その日もいるかなぁ、いないかなぁ、、、
と思いながら行ったら、いたいた!

 

 

とりあえずご飯をおいて少し離れて食べる様子をみていたけど、なにか違う。
確かに私が気になっていたコは黒猫だけど、こんなコだったっけ・・・?

 

と少しずつ近づいてみたら、やはり別猫!

 

他にもいたんだ!という事にビックリしつつ、更に驚いたのはこのコの目でした。

 

 

右目がクリクリの大きな瞳なだけに、その左目の小ささが際立っていてドキッとするほど異様でした。

 

このコに何が起きたのか、ヒト慣れしてるのかしてないのか、性別すら分からない。

 

でも、これからますます厳しくなる季節を前に放置することは
残っている僅かな視界が閉じていくかもしれないこと。

 

保護して適切な治療をすれば、目を失わなくても済むかもしれない。

 

まだ間に合うかもしれない。

 

 

 

12月17日、捕獲器をおいてわずか数分でした。

 

よほど空腹だったようで、扉が閉じた事より中にいれた鶏肉を食べる事に夢中な姿が、余計胸にささりました。

 

よくよくみたら、鼻もぐじゅぐじゅ・・・。

 

このまま病院に直行しました。

 

 

つづきます。

 

 

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

facebookページもあります。『いいね!』よろしく♪

Twitter

いつでも里親募集中

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM