寂しい瞳

  • 2011.11.21 Monday
  • 16:06
この瞳を見かけた時、胸が締め付けられる思いがしました。

どうしてボクはここにいるの・・・?

そう言っている気がしました。


人間も、他の猫も、全てのものを怖がって生きてるような孤独な瞳。

なかなかレギュラーメンバーには入れず、いつも離れたところにポツンといました。
それでも会う度に声かけて、ご飯をあげて。

大丈夫、味方だよ、怖くないよ。
大変だよね。頑張ろうね。また来るね。

その日、よほどお腹がすいていたんでしょう。
いつもは来ないえさ場まで私の後を追ってきました。
そして、去勢手術を予定していたオスの成猫の代わりにこのコがケージに入ってしまいました。
十分に手術出来る大きさでしたので、連れて行きました。

やっと信じられるニンゲンかと思ったのに、突然ケージに閉じ込められ・・・。

またニンゲンにだまされた・・・!

もしかしたらそう思ったのかもしれません。

それでも病院に向かうほの暖かい車の中で、少しほっとしているようにも見えました。

でも行き先は去勢手術のための病院。
このコにとっては更なる試練の場所でした。

私たちはこのコを去勢をして、元の場所に戻す事しか出来ません。

「かわいいから里親さん見つかるんじゃない?」
獣医さんはそういってくれましたが・・・

獣医さんも看護師さんも驚く程の威嚇があったようです。
恐怖におびえ、何もかもが恐ろしく、このコには身を守る術が威嚇しかないのです。


もしうちに保護猫がいなかったら、
長期戦覚悟で、恐怖で固まった気持ちをほどいてあげる事が出来たかもしれない。
このコは決して攻撃的な性格じゃなく、人一倍恐がりなだけだと思ったから。

でも・・・。


辛い選択ですが、戻す事しか出来ませんでした。

TNRをする理由

Trap(捕獲して)Neuter(不妊・去勢手術を施し)Return(元の場所に戻す)

野良猫が増えることで引き起こされる問題を防ぐため、現在最も推奨される解決方法です。
不妊・去勢手術をすることで、これ以上不幸な命が連鎖することを防ぐのが目的です。
手術された猫たちの一代限りの命を見守る。
こうしてゆるやかに野良猫を減らしていこうとする活動です。
私たちはこれを、出来る範囲で一部里親さんにご寄付頂きつつ行っています。

でもTNRは人間のためであって、猫たちにとっては何の得もないと言う事は忘れてません。
手術は可哀想だから・・・といって何もしないと確実に頭数が増えていき、近隣住民から苦情が出ると、生きる場所、果ては命まで奪われかねない。簡単に「駆除」と言う人間が多すぎ。猫だけじゃない、犬も牛も鳥も・・・。
そんなのは嫌だから、猫たちには申し訳ないけれど、手術を受けてもらうという気持ちでTNRを行ってます。

本来公園や公共の場所に猫を捨てる人間が問題であって、捨てられた猫にこれっぽっちも罪はない。彼らは今日を生き抜くために必要な事を必死にしてるだけ。

猫の糞尿被害っていうけど、公園に関して言えば多いのは人間が捨てたゴミ、次に飼い主が処理を怠った犬の糞。猫の糞尿じゃない。

猫を憎む前に、猫にこんな生き方を強いた人間をなんとかするのが筋じゃないかと思う。

もっとマシな世の中にしていかなくちゃいけませんね。

まずは動物愛護法を変えていかないと!
チャンスは12月7日(水)までです。

↓チェックボックスにチェックを入れる方式なので、すぐに送れます。

↓この機会に少しじっくりと読んでみたい方はジュルちゃんところがオススメです。
そのままコピペで送ってもOKですし、自分なりの意見を加えるのもいいと思います。

送らなければ今の世の中に文句ないって事になってしまう。
そんなのまっぴら(><)

コメント
私もどうぶつ基金さんので送りました〜。
本当にもっとましな世の中になって欲しい。
TNRを続けているにゃほい家がすごいなぁと思います。
団体さんも個人でやってる人も。

可愛い茶トラくん、瞳がとっても銀に似てて切ないです。
何か私に出来るお手伝いがあったら言ってくださいね!
>ひめさま
ありがと〜(^^)お気持ちがウレシイ。
茶トラくん、まだ半年ちょいぐらいだと思うんだけどね。
外にいる猫たちはこれから凍える季節をただ耐えるしかないと思うと、、、(><)
パブコメ、署名、情報拡散、TNRも里親探しも、、、やれる事はいろいろある。
猫たちに代わって私たちが動かないとね!
  • にゃほM
  • 2011/11/22 6:33 PM
どうぶつ基金さんのサイトで送りました!
少しでも、猫ちゃんたち、にゃほさんたちのやられていることの力になりたいと思いました!
TNRが無事に済んだにゃんこちゃん、かわいいですねー。
元気に過ごしてくれますように。
せつない...
日に日に寒さが増してくると、本当にせつなくなります。

でも、にゃほいさん達の活動のおかげで猫達は本当に救われていると思います。
サラちゃんの寝顔を見るたびににゃほ家に感謝する毎日ですよ。本当にありがとうございます。
「今年の冬は暖かく過ごせるからね」とサラちゃんに言えることが幸せです。

私もできる限りのことをしたいです。
  • わかみ
  • 2011/11/25 12:55 PM
>sachi_tkngさま
猫たちに代わって、どうもありがとう(=^▽^=)!
まだ仔猫なのに、こんな寂しい顏されると胸が痛くなります。
今後も出来る限り見守るつもりです。
  • にゃほM
  • 2011/11/25 3:53 PM
>わかみさま
にゃーちゃんを保護したわかみさんだから、外の辛さはよく分かるよね。
公園猫たち、体を丸くして目を細めてじっと耐えてます。
これから何ヶ月も、ますます耐えなきゃいけない。
保護して里子に出す事は大変だけど、だから止めたくない。
サラが今日も暖かくて安全な場所でぐーぐー寝てるんだろうな…と思うとそれが私のエネルギーになります!ありがとう♪
  • にゃほM
  • 2011/11/25 4:10 PM
自分もどうぶつ基金さんのところから出させていただきました。
少しでも嫌な思いする猫犬が減ってくれればいいな・・・

うちにもにゃんこ来ました。
やっと一週間。
ちょっとずつ慣れてくれてます。
もう、こっちが夫婦でデレデレです(笑
>くろぬこさま
私たちしか(=^・ω・^=)やUo・ェ・oUを守ってあげられないですもんね。
今のままじゃあまりにもヒドすぎますもん。
ハチワレちゃんとキジ白ちゃんがやって来たんですね(≡^∇^≡)
素敵な猫屋敷期待してます☆
  • にゃほM
  • 2011/11/26 5:04 PM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

facebookページもあります。『いいね!』よろしく♪

Twitter

いつでも里親募集中

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM