最近のぽんちゃん。

もっふぃーずのお目付役が板についた、ぽんちゃん。

ちょっとヨダレが出るように・・・。


前回記事を書いてから、あの手この手で工夫したご飯も一切手をつけず、ハウスに引きこもるようになってしまい・・・。

血液検査の結果、腎臓関連の数値がびっくりする程高く、計測ギリギリのものも・・・。

先生からは、「もう補液しかやれることはありません。」と言われ、いよいよ覚悟の時が来たかも。と思いました。
それでも自分たちで出来る事を、と思い、週2だった自宅補液を毎日する事にしました。

何も食べず、ひたすらハウスでじっとする日々。
体はどんどん薄っぺらく小さくなってしまいました。
ヨダレもひどいし、ぽんがいる部屋全体に、換気してもごまかせないほどの異臭が漂いました。



それでも僅かに希望は捨てず、毎晩、サーモン、カリカリ、鶏肉、ウェットなどを並べますが、翌朝口もつけずカラッカラに乾いた皿を下げる生活。

ここまで体力が落ちたぽんは初めてで、今週いっぱいもつかどうか・・・と覚悟しました。

ここは安全だし、静かだし、暖かい場所だから、
いつでも、ぽんのタイミングで、旅立っていいからね。

気持ちとしては、そういうつもりでしたが、ある朝、スープ状のものが少し減っているのを発見!!

それが4月10日ぐらいだったので、約10日ぶりに食べてる!!
ぽんの底力にビックリして、そして、やっぱりとても嬉しかった!!



その後トロトロのa/dを更に薄め、さらさらスープにしたものを舐める生活から、皿底に沈殿したa/dも舐めとるようになり、1日に何度も少しずつそれを繰り返し、トータルして1日3/4缶くらい食べられるようになり・・・。

食べた後に顔を洗う余裕が出てきた!


ハウスから出て、日だまりでくつろぐ日が増え、


待望のモノまで!


少しずつ少しずつ、食べる量が増えていき、a/dよりもカリカリ(銀のスプーン 小粒なのが食べやすいようです)を食べるようになり、ぽんの生命力に驚かされっぱなしです。

処方食を食べて欲しいという欲張りな気持ちもありますが、今はぽんが「食べたい物を食べたいだけ」に重きをおきます。

ヨダレも止まり、毛づやも良くなりました!


私は、保護してたった8ヶ月分のぽんしか知りません。

今までどうやって生きてきたのか、何を食べて来たのか、どこから来たのか?
雨の日は?雪の日は?日照りの日はどこにいたのか?何歳なのか?

たくさんの知らないぽんの猫生があります。

出来るならぽんともう少し一緒に過ごしたいし、今まで苦労した分を帳消しにして、更にちょっとでもプラスに持ってってから、あの世に行って欲しいという願いがあります。人として。

本当は、街の片隅で生きるしかない猫たちすべてが、同じように誰かに気にかけてもらえる存在であって欲しいと思います。

保護猫4、永久保護猫1、家猫5、私自身、個人で出来るいっぱいいっぱいの頭数です。
彼らのQOLを絶対に下げないよう、お世話に忙殺されつつ、そんな事を思います。
 

関連する記事
コメント
にゃほさま、こんばんは。
ぽんちゃん、頑張りましたね!
底力、ですね!!すごい!!
えらい!ぽんちゃん!!
にゃほさんたちの愛情の賜物だと思います。
ぽんちゃんの毎日が楽しく美味しく穏やかでありますように。
  • ネオ
  • 2016/04/25 9:40 PM
>ネオさま
ほんと、スゴイ底力ですよね!
血液検査の時、獣医さんから長くない的な事を言われていたんです。
今の状況も決して楽観出来る状況ではないですが、もう少し居てもいいかなって思ってくれたみたいで嬉しいです。
  • にゃほM
  • 2016/04/25 11:25 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>

facebookページもあります。『いいね!』よろしく♪

Twitter

いつでも里親募集中

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

  • 猫鳴り(沼田まほかる・著)
    こみち

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode