動物福祉検定

昨日「動物福祉検定」というものを受けてきました。

 

 

動物愛護ではなく、動物福祉。
言葉は似てますが、意味はちょっと違う。

 

動物といっても、犬・猫といった身近な動物だけでなく
私たちの食を支える畜産動物、医療や研究の場で使われる実験動物
動物園などの展示動物、野生動物などなどたくさんの動物がいます。

 

動物愛護の主体はヒト。愛護はヒトが動物を大切に可愛がって庇護すること。
動物福祉の主体は動物。福祉は動物の生活環境を整えるということ。

 

彼らの生活環境といってもなかなかピンと来ないですが

 

分かりやすい所では畜産動物や実験動物たちの置かれている環境などは検索ですぐ出てくると思いますが、最近よくメディアに取り上げられるようになった猫の多頭崩壊的な環境だったりします。

 


ちなみに、ののちゃん

 


ここちゃんは、愛護動物であり家庭動物です。

 

私たちはたくさんの動物を利用して快適な生活をしているけれど
普段の生活でそれを意識する事はあまりないし、
私に関してはむしろ、知らない方がいい、見ない方がいいと
本能的に避けていたぐらいでした。

でもこういう検定があると知り、これを機に知ってみようと思いました。

 


ブラックとロシアンブルー風。ナイスな組み合わせ♪

 

受験というからには合否があるわけで・・・(^^;)
結果はひと月ぐらい先のようですので、
このまま何の音沙汰も無ければそっとしておいてくださいw

 

ちなみに会場は熱気ムンムンの満員御礼でした。
だいたい120人くらいかな?もっと?
2回あったので、250人くらい受験したんじゃないかな。

 


ここちゃんは最近ひとり遊びにハマってます。

 

このような検定が出てきたこと(今回が第1回)は、
それだけ感心をもつヒトが増えているという事ですよね。

合否に関わらず(←ここ大事)、いい経験でした。(`・ω・´)ゝ キリッ・゚

 


ののちゃんはポンGとお尻くっつけてマ〜ッタリ

 

今後はそんなことも書いたりするかもしれませんが、
よろしくお付き合いください。

 

ののここたち、いよいよ今週末からトライアルです♪
 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>

facebookページもあります。『いいね!』よろしく♪

Twitter

いつでも里親募集中

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

  • 猫鳴り(沼田まほかる・著)
    こみち

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode