猫同士の相性

新入り保護猫を迎えたときは、
毎回神経がすり減る思い。

 

 

最初の隔離はもちろんのこと、
その後少しずつ家の生活に慣らしていくときも

そのコのペースで無理なく進めなければならない。

 

チャイの場合、とにかく食べたいだけご飯をあげる。
いつでもご飯はあるからだいじょぶ、という事をまずは分かってもらう。

だれも奪わないし、明日も食べられるって事を分かってもらう。

 

と同時に、ロリまめ達にもチャイの事を受け入れてもらいたい。

 

彼らにしてみたら、突然のことなので・・・(>_<;)

 


うら若き乙女です。

 

緊張のカケラもなし。

 

ふたりだけの平和で穏やかな暮らしが当たり前の日々。


そこに突如、推定3歳、血の気の多いオス猫登場で

平和な暮らしがどうなってしまうのか。


試しにチャイの部屋にロリまめを招き入れ、ケージ越しにご対面させてみた。

 

ソロソロ〜とひるみながらも、友好的に近寄るローリー。
まめちゃんはその様子を遠くから見てるという、いつもの役割分担w

 

チャイは速攻臨戦態勢でうなり声&シャー、パンチ。

隙あらば打ちのめしてやるという態度。

 

ローリーは慌てて部屋から逃げて行きました。

 

友好ムードはゼロ。
ケージが無かったら、恐ろしい修羅場になったはず。

 

その夜、ローリーはストレスからご飯を残しました・・・(涙)
チビッコにも本気で負けるローリーなので、無理からぬ事でした。

 

仲良くなれそうな気が全くしない・・・。

 

ため息がでました。

 


コメント
ローリーとチャイのツーショットの写真を前に見たので、仲良くなれたのかと思ってましたが違ったんですね…(^^;;
  • とも
  • 2017/07/30 5:56 PM
>ともさま
ややこしくてスミマセン(^^;)
過去と現在を行ったり来たりして書いとりまして。
今は良好な関係です(^^)
  • にゃほM
  • 2017/07/30 9:05 PM
ニャンズのメンタル、とても繊細ですよね。
去年チビを保護して10日ぐらい後に、ペコのワクチンで猫の病院に行って、おしっこの量が少なくて少し食欲がないと言ったら、先生は腎臓が弱ってるかもしれないから尿検査と言ったけれど、帰り際に看護師さんが、「新しい猫ちゃん来てストレスになっているんじゃないですかね。チビちゃんは大丈夫ですから、ペコちゃんを思い切り、大げさなくらい可愛がってあげてくださいね。」とアドバイスをくれました。
効果てきめんでした。
みんな、情とか自尊心とか持っていますものね。

ローリーがんばれ〜。
  • suamakun
  • 2017/08/01 10:11 AM
>suamakunさま
ペコちゃん、自分に向けられていた愛情が無くなったようで不安だったんでしょうね(涙)
私も人間よりよっぽど繊細だと思っています。
音、気配、人間の目線、声色なんかもよく気にしていますよね。
私は「ぼちぼちにゃにゃおを病院に連れて行こうかな&#12316;」と思った瞬間、にゃにゃおと目が合うと全て見抜かれます(笑)
人間のモノサシで猫を計らずに、常に猫目線に立って考えたいです。
suamakunさんも頑張ってくださいね(o^∇^o)ノ
  • にゃほM
  • 2017/08/01 10:48 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

facebookページもあります。『いいね!』よろしく♪

Twitter

いつでも里親募集中

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode