なぞ。

  • 2018.12.15 Saturday
  • 11:42

10月に捕獲した茶トラくん、病院にて手術済みが発覚。

びっくりしつつリリースしたらそれで終わりではなかった。

 

なんと最近その彼が耳カットされているらしい。

複数情報によると、どうもケンカ傷ではなさそう。

 

ということはよ?


茶トラくんは少なくとも3回捕獲されたってこと?

 

1回目→耳カットなしの去勢
2回目→去勢済みだったので何もせずリリース←これ私
3回目→耳カットのみのリリース

 

・・・・だったら耳カットしてもらえば良かった・・・。

 

少しの情けは不要なのだな。

ただの自己満。

ここはいつも私の壁。

 

いや、悩んだんだよ。


もしかしたら、ただの外飼い猫かもしれないって。
この辺りはまだまだユルイ飼い方している人いるだろうし。

 

去勢さえしてれば、猫が増える事はないからまあいいかと。

 

私のそのヘタな同情が、茶トラくんを3度目の捕獲へと導いてしまったのかと思うと、
本当に申し訳無い事をしてしまった・・・ごめんなさい。

 

それにしても、誰が?


その人と情報共有して協力体制とれたら嬉しいんだけど。

 

もう一匹の茶トラくんは、相変わらず警戒心が強く、なかなか捕まってくれない。
タマタマ付きを確認しているので、この子は頑張って捕獲続けるしかない・・。

 

でも、お腹がいっぱいの時にしか見かけないので、捕獲器の近くで日向ぼっこしてる始末。

トホホ。。。猫ってほんと正直。

 

と書いていたら、耳カット茶トラくんのアフターの写真を入手したので、ビフォーと一緒に載せてみる。

 

ビフォー


アフター

 

うーん。やっぱり人為的に切れてるよね。

結構鋭角だな。私が知ってる病院ではなさそう。

 

それにしてもこんな風に証明写真並に落ち着いているところを写真に撮れる人、

協力者さんなんだけど、

ご飯をあげていることをかたくなに否定してますけど、あげてるよね。

 

だって猫は正直だもの。

 

 

黒まめ・茶まめ、正式譲渡しました

  • 2018.12.01 Saturday
  • 11:46

だいぶ遅い報告になってしまったけれど、
黒まめ&茶まめ、11月3日からトライアルして
1週間後の11月10日に正式譲渡となりました。

 

黒まめはヤマトくん、
茶まめは小麦ちゃんになりました。

 

おちびの時期特有なのかもしれないけれど、この仔たちはお互いを別々な個体と認識してないというかなんというか、どこか一心同体みたいなところがあって、それを相性というのならバッチリで。

 

出来れば一緒に譲渡したいと思いつつも、そうなると希望者さんががくっと減ってしまう現実。

いきなり2頭だと不安と思っているとしたら、もっとメリットに目を向けて欲しい。
おっと心の声がだだ漏れた・・・。

 

そんな折、兄妹一緒で、とお声をかけて頂いたのがにゃほKの会社の同僚Kさん。
ご夫婦、21歳の娘さん、20歳の息子さんという家族構成。
昨年長生きしたワンちゃんを亡くし、しばらくペットロスだったそうです。

 

ご主人のKさんはぱっと見、ちょいコワモテ(笑)なんだけど、家族思いで動物好き。
細かい所にも気が効くタイプの方。

 

お話していてなにより嬉しかったのは、私が1番大事にしていること、脱走防止の重要性を理解し、すぐに制作にかかってくださったこと。

 

Kさんは、DIYがお得意で、豆ズのために、玄関の脱走防止柵、キッチン進入防止柵をさくさくっと作って下さいました。のみならず、爪研ぎベッドやキャットタワーも自作!す、、、すごい。

 

玄関


キッチン入り口


開けたところ


キッチンカウンター部分


キャットタワー


滑り止めも敷いてもらって、安心安心(^^)

 

爪研ぎベッドもひとりにひとつずつ


こんなの欲しいな〜と思っても、何が何本とか何センチとかネジとか考えるだけで脳が逃避をはじめる私からすれば、こんなにいろいろなものを、しかもほぼ1週間で作り上げるって・・・。
頑張ったアピールもなくサクッとですよ、サクッと。神技としか思えない。


6月の深夜、川に落ちてたチビたち。
無事に育ってふたりいっしょに終の住処に送り届ける事ができました。

 

 

目も開かない耳も聞こえない動けないチビ達が、唯一出来たこと。
「ここにいるよ」「助けて」「ママ!!」
暗闇をつんざく命の叫びは、まだ耳に残ってる。

 

 

ゴミと一緒に濡れねずみ2つを抱え込んだ瞬間、ことんと眠りに落ちたっけ。
安心だと分かったんだね。
え?死んだ?!って思ったけど(笑)

 

その一瞬を、命の叫びを、キャッチできてよかった。
ふたりの生命力の強さと、運の強さ、両方あってこその奇跡だったと思う。

 

もう怖い思いはナイナイ。
ふたりとも、幸せに暮らすんだよ。
 

ご近所TNR_その2

  • 2018.11.09 Friday
  • 12:59

 

※  ※   ※   ※   ※
ご近所TNRを始めたのは、この子からです。
そこに至るまでの経緯を書いてます。
※  ※   ※   ※   ※

家の周りのノラ猫たちを何とかしたい。

保護は無理だけど(うちは既にキャパオーバー)
TNRならできる。

その気持ちは日々強くなる一方。

明け方や夜遅く猫同士のケンカの声を聞くと、
「私がぐずぐずしてるからだ」と思って眠れなくなる。
(病気の領域かも・・・汗 猫ボラ病)

戸建てなら自分の敷地内に捕獲器を置ける。
マンションでも1階なら土から近いしなんとか置ける。
でも、ここは3階。地面からは遠い。
こっそり目立たず・・・は難しい。

いままで約9年間、TNRや保護・譲渡してきた猫たちは、ほぼ名古屋市内のとある公園。
それほど人出も多くないところだったので、1人でも割とやりやすかった。

たまに散歩の人に話しかけられることもあるけれど、
淡々と説明すると、
大変だね、もの好きだね、遠くからご苦労様ですね、などなど言われ、
その都度適当に笑っておしまいだった。

一期一会だし
もう会うこともない人だと思えば、物好きなおばさんと思われてもぜんぜんヘーキ。

でも自宅周辺のTNRはちょっと違う。

住民同士、お互い顔は見知っていて、
会えば挨拶は交わすけれど、 何号室かも分からない。

立ち話まではしたことない。

それだけの関係だけど、同じ敷地内・同じ屋根の下に住んでいる人たち。
ぶっちゃけ、おかしな人かまともな人かは気になる(^^;)

時々みかける中年女性(私)が、捕獲器もってうろうろしてたら?

野良猫捕まえてニヤニヤしてたら?

不気味だろう。
「虐待目的」と思われる可能性も高い。

職場で色付きの飲み物を飲むのすら人目が気になる(らしい)昨今。
それに配慮した透明なコーラ、透明な紅茶が販売されてる。
(これ知った時は信じられなかったけどね。)

あぁ、私も透明になって行動したい。

敷地をうろつくノラ猫たちのことを、
ほかの住人(普通の人たち)はどう思っているんだろう?

うっとうしく思っているだろうか。
それとも、心配しているだろうか。

それを知りたい。
もんもんとした。

でも、考えたってわからないもんはわからない。
当たり前だけど。
人の考えなんて、わかるはずもない。

(ここまでをぐるぐるぐるぐる何日もあほみたいに同じことを考えたんだよね・・・)

そしてある日・・・・・考え疲れた(笑)

どう思われるか?
どーでもいいや。

こそこそしないぞ。

まずは私の考えを知ってもらおう。

私は自分の思いを手紙にして、戸別に投函してみることにした。


黒まめ、茶まめ、元気にトライアル中♪ 

着いたそうそう、ママさんに遊んでもらってる二人。
後ろのおばさん(私)ご主人に熱弁ふるってるっぽいw



娘さんもかなりの猫じゃらし使いになりそうです(^^)

【TNR】サビママ

  • 2018.10.17 Wednesday
  • 10:02

前回の幼い子のお母さん、サビママさん。

 

やっと捕獲することができた。


術後、取り出した子宮をみせてもらった。
すでに発情の兆候があったようです。

 

先週まで子猫と一緒にいたのに。

本能は貪欲だ。

 

小柄で痩せ気味。
外で生きてくだけでも大変なのに
今まで何度出産し、小さい子供を必死で子育てしたんだろう。


育った数より死んだ子の方が多かったろうね。


 

 

怖い思いをさせてごめんなさい。

 

これからはもう自分のためだけに食べて
自分のためだけに生きていってください。

 

【TNR】幼い仔

  • 2018.10.12 Friday
  • 22:58

母猫が入った!と思ったら、
一緒にいた仔猫がママより先に入ってしまった。。。

 

黒まめ茶まめより少し大きいぐらい?

 

あれ?右耳がカットされているようにも見えて混乱。
Vではなく、どちらかと言えば横にまっすぐ切れているようにも見える。
でも、Vにした後、そうなってしまう子も見ているので混乱。
しかも、未去勢の猫がV字にカットされていた話も聞いた事がある。

何故?誰が?どうして?って事が外猫にはよくあるのだ。

 

どうしようどうしよう。

 

この前の茶トラは耳カットなしで去勢されていたので、てんぱった。
この子も、もしかして誰かが・・・?

 

冷静に考えたら、
このまま病院に連れて行って
獣医さんの判断を仰げば良かったって思うけど、

 

この幼い顔をみていたら・・・

 

まだ小さいしママの側にいたいよね、
離れたら怖いよね・・・

 

捕獲器の扉を開けてしまった。

 

 

ご近所TNR

  • 2018.10.09 Tuesday
  • 11:32

ずっと気になっていた家の周りの猫たち。

今までもチラホラ見かけてた。

 

可哀相と思うけれど、
いつの間にかいなくなってしまうし、
自分が行動を起こすところまでいけなかった。

 

でも、年々見かける個体が増えていて
オス同士の熾烈な声も聞こえてくるようになった。
仔猫を連れた母猫も見かけてしまった・・・。

 

気の弱い私は、ずっとずっと
「どうかどうか、どこかに行ってしまいますように・・・」
と祈るしか出来なかった。

 

いなくなるとホッとして・・・
またいると分かるとソワソワして・・・

 

そんな自分が心底クズだと思った。

いい年した大人のくせに
人間のくせに
小さな命に対して何も行動出来ないでいる。

 

もう10年近く外の猫に関わってきて、
まだ自分以外の誰かが何かしてくれるのを心待ちにしてる。

 

真正のアホだ。

 

誰もしないなら自分がするしかないじゃないか。
誰もしないから自分がするんじゃないか。

 

ひとりだから心細いとか
変な目で見られるんじゃないかとか
そのうちいなくなるからほっとこうとか

もうそういう小さな言い訳するのに疲れた。

 

やってみよう。

 

変なヤツって思われたっていいじゃないか。
別に本当の事だし。

 

やっと、近所のTNRを進める事を決めた。
 

 

茶まめ&黒まめ、里親さん募集中です♪

 

【TNR】茶トラくん1

  • 2018.10.04 Thursday
  • 13:28

備忘録として

 

粘って捕獲した茶トラくん。

 

病院に預けた直後、電話で「去勢されてます」と。

鎮静かけただけでお迎えとなりました。

 

 

ノラじゃなかったの?
捨てられたの?

 

誰かが手術だけしてくれた?
(だったら耳カットしてくださいよ。また怖い思いさせちゃったじゃん)

 

外飼いされてるの?
(だったらせめて首輪つけようよ。てか危ないよ、このへん交通量多いから)

 

もう1匹いるそっくりの茶トラくんは、タマタマを確認。

 

どうしてきみだけ去勢されてるの?

 

質問がいっぱいなんですけどーーー。

 

2度目のチックン&22日(土)プチ譲渡会のお知らせ

  • 2018.09.20 Thursday
  • 22:39

火曜日、2度目のワクチン接種に行ってきました。


生後3ヶ月。

体調面でも安心な月齢になりました。

 

診察台の上で神妙な面持ちの黒まめ


ちょ、ねえ、この手なんなの?多すぎない?あたしそんなに猛獣?
と(私に)ご立腹の茶まめ

うそ。本当はこわくて足が小刻みに震えてたんだよね。

 

ふたりとも、よく頑張りました♪


チビクロと並ぶとまだちっさいけれど、エレクターのてっぺんまでもうラクラク。
もう我が家では、行けない場所はなくなったね。


君たちをこのティッシュ箱に入れて体重計ってたんだよ、覚えてる?

鼻セレブはチビたちの尻セレブとして使ってました。

 

あ、人間は5パックで鼻セレブ以下のティッシュです。


〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

 

9月22日(土)プチ譲渡会に参加します♪


名古屋市千種区今池4−16−27 くどうビル4F
保護猫カフェ ヘミングウェイ

 

 

アクセスはこちら

 

 

【TNR】キジトラくん

  • 2018.09.19 Wednesday
  • 00:05

備忘録として

 

雨の日のリリースになってごめんね。

 

その後、無事を確認してホッ。

 

かわいいけど辛い

  • 2018.09.10 Monday
  • 10:36

 

茶まめ♪

 

 

黒まめ♪

 

ふたりに善きご縁がありますように。

 

一緒にもらわれたら嬉しいけれど、こだわっておりません。

愛情いっぱいあれば、新しい環境にすぐに慣れてくれるでしょう。

 

マイパワースポットに心をこめて、お願いしました。
きっとまだ未来の里親さんには届いていないんだね。

今日の新月にも祈るよ。


出たな!きなこ豆乳ソフトオバケ


ややっ、くろまめおちょぼオバケも


募集サイトには里親さんを待つ猫たちが日々続々とアップされていて。

 

チラホラと大人猫たちの掲載もあるけれど、
まだまだ仔猫祭り真っ最中といった感じかな。

 

オシャレな首輪を付けたチビッコや
ステキ小物にかこまれたチビッコなど、
そのままでもかわいいのに、更に100倍可愛く撮ってもらってて。

 

この1枚にどれだけの思いが込められているか
それを思うと胸が痛くなる。

 

この1枚が里親さんの目に留まるようにと。
みんな、必死だから。

 

どの子もみんな、幸せになりたいんですよ。

 

幸せっていっても、ささやかですよ?


毎日ご飯が食べられて、清潔なお水をごくごく飲めて、
雨風や車の脅威から身をまもれる家があって。

なででくれるやさしい手・・・
お腹のばして心ゆくまで昼寝して・・・


もう2度と捨てられる事のない暮らし。

 

地獄から助け出された小さな命たち。

 

里親サイトに命があふれている現実が辛い。

 

 

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

facebookページもあります。『いいね!』よろしく♪

Twitter

いつでも里親募集中

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM