揺らぎの中

昨日はこもちゃんの不妊手術の日でした。

触れないこもちゃんをどうやってキャリーに入れるか?
これがこもちゃんを保護してからの(長っ!)悩みのタネでした。

で、考えたのが、

段ボールハウスの代わりにキャリーを入れておく。(あら簡単)

*ローリー、しっぽジャマ・・・

2日前から交換し、中にいつものフリースを入れたら、すんなり使ってくれたので、取りあえずひと安心。

ただ、私の時は警戒しないのでハウスに入らない為、この作戦が使えず、当日はにゃほKにお願いする事に・・・にゃほKだとこもちゃんが警戒して隠れるので、すんなり行くだろうという算段でした。

で、作戦決行当日、ドキドキして隣室でまつ私に、にゃほKからラインが・・・。

- - - - - - - - - - - - 




- - - - - - - - - - - - 

入ってない!!Σ(・∀・;)


予想に反してにゃほKが来てもキャリーに入らず、2階に上がったので、ケージを2階に置いたら、ハンモックに逃げてしまったの図。

目が点で、「え、なんで?」しか返せず。

そうこうしてたら、

「できた」
「完了」

のメッセージが。

聞けば、ハンモックの手前二つのカラビナを外してこもちゃんを落っことし、下にセットしていたキャリーに入ってもらったと。

すんごい荒技・・・ ( ̄□ ̄;)




怯えています(><)ですが、何ヶ月も前から予約してやっと迎えたこの日なのです。連れていかねば仕方ありません。

手術をお願いするときに、「耳カットはどうされますか?」と聞かれ、正直に言うと、ほんの一瞬ためらった自分がいました。

耳カットをするという事は、外に戻すという事。

その可能性が、保護してからずっと頭の片隅で揺らいでいました。

他の仔達と違い、なかなか人慣れしないこもちゃんが里子に出られるんだろうか?
こもちゃんにとって、家で暮らすより、厳しくて残酷な外の世界の方がまだマシなんだろうか?

何が《こもちゃんにとって》幸せなんだろうか?




結局、耳カットはお願いしませんでした。

答えが出た訳ではないけど、気が付くと「いえ、結構です」と答えてました。

お迎え当日、キャリーの中に小さく固まったこもちゃんがいました。
オシッコでびしょびしょのシーツの上に・・・。

家に連れ帰り、キャリーごとケージに入れて、ご飯とお水を置きましたが、出てこないので、しばらくそっとしておきました。

少ししてのぞいてみたら、ケージの一番上で、フリースの上にちんまり座ってました。









こもちゃん、おかえり。

またよろしくね。
 

こもちゃん、その後

以前の記事からほどなく、試しにフリーにしてみたのですが、ケージの中だと触らせてくれていたのに、外になると、全然ダメでした(涙)

近寄るとシャーシャーで、しつこくするとますます怖がって悪循環になりかけた為、ケージに戻すのは一旦諦め、私自身もプチパニックで、少しインターバルをとるため部屋から退場。

1時間ほどして、何のアイディアもわかないまま部屋に戻ってみると、こもちゃん、自分からケージに戻って毛繕いしていました。冒険にひとまず満足したようでした。すかさず扉を閉めて、ヘナヘナ・・・。

その後はローリー、まめちゃん、レオくんの里親さん募集に全力で集中していたので、ついついこもちゃんの事を後回しに・・・。
でも里親さん探しを諦めた訳じゃないし、このままで良いとも思ってません。

私以外の人が同じ室内にいるだけで、ハウスにこもってしまうのは変わらずですが、でも、特定の人には慣れる可能性があるのは前向き要素ですから。

こもちゃんは誰でもOKなタイプではないけれど、誰かのトクベツにはなれるって事だと思うんです。そう考えるとまだ道は長いかもしれないけど、諦めちゃいけないと思う。

今週水曜日に不妊手術の予定なので、また嫌われてしまうかもしれない。
その前にどうやってキャリーバッグに入ってもらおうか・・・うぅ・・・。

色々あるけど、とりあえず、フリーにした時のこもちゃんをどうぞ♪



顔にかかったヒモに無頓着なまめちゃんと(まめちゃん、それオカシイぞ)


ローリーの匂いチェック


チェック終了、ハイ解散


部屋の中をゆっくり歩きまわり、


え、そこ?


色々気になるよね。


気になるよね。


あくび激写!(*≧∀≦*) 可愛いな♪

 

まめちゃん&レオくん病院へ。

まめちゃんは不妊手術のため一泊、昨日お迎えに行ってきました。

帰り道、キャリーの中でちょっと震えているように見えて、
信号の度、振り返って「まめちゃん、頑張ったねぇ」と声がけすると、
軽く瞬きで返してくれました。ほんと、良い仔です。

家に着くと、みんなのお出迎えで、いつものまめちゃんに戻ってくれました。
すぐにお水も飲んで、ウェットフードも食べてくれて、ひと安心。



むぎゅ。


で、もうひとり、この方も病院へ。


ひゃくじゅうのおう、ついに捕獲されるの図。w

実は、左耳の後ろに小さなハゲを見つけたので、ついでに念のために診てもらいました。


出し入れの際、脱走などのアクシデントがあったら怖いので、
わたしはまず洗濯ネットにいれて、それからキャリーバッグに入れる派です。

見た目はアレですけど、ビビリの仔ほど安心してる気がします。
このほっこり包まれ感がいいんだと思います。




はなちぇーーー!!



って顔に撮れてしまいましたが(笑)、偶然です。

若干キョドってましたが、概ねおりこうさんでした。レオくん、えらかった。
それにしてもなんでこうマンガみたいな顔なのかな。かわい♡

診察の結果は、特に問題なし、でした。ホ。

何かの衝撃(後ろ足でケリケリとか、ぶつけたとか)で少し抜けたんでしょうという事でした。

仮にうつるようなモノだと全員治療のハメになったりするので、安心しました。
こういう時、多頭飼いは怖いですね。

- - -

と、ここまで昨日書いてたら、夜になって熊本地震のニュース。
改めて、どこが揺れてもおかしくない国に生きている事を思い出しました。

実家が流されたというのに、5年も経つとその時の衝撃が薄れてしまう。
忘れる事が出来るから、長く人間やってられるのかも知れませんけど。

猫と暮らすものとして、やはり、首輪(迷子札)、マイクロチップを考えねばと思いました。どちらも今さら感ですが。

家に閉じ込めて飼うだけでも人間の都合だから後ろめたいのに、さらに猫たちに負担を強いるのが嫌で見送って来ましたが、万が一の事を考えないのは、もはや無責任ですよね。
もし人間側につけるものがあったら、代わりに付けてもいいぐらいです。

これ以上日本が大きく揺れませんように。
揺れるなら小さく小出しにお願いします。
 

里親さま募集を一旦締め切らせて頂きます。

もっふぃーずには、募集サイト等を通じて複数件のお問い合わせを頂きました。

ツイッター、フェイスブックで拡散等のお手伝いをしてくださったみなさま、
ありがとうございました。m(_ _)m

ここで、一旦募集を締め切らせて頂きます。

譲渡に至る道のりはまだこれからも続きますが、むしろこれからが具体的ですが、真摯に、彼らの幸せ代理人として、お話し合いを進めて行こうと思います。

もっふぃーずは仔猫の頃、あまり人と触れあっていません。
ご飯をくれていた人にもあまり懐いていなかったのかもしれません。

そのため、まず人が怖いです。彼らの目には我々人間は巨大怪獣に映ります。
進撃の巨人の巨人の方です、我々は(笑)
外で彼らは常にウロウロしている巨人から身を守るため、隠れるように暮らしていました。小さな仔猫たちが生きる為に身につけた処世術です。

でも、こちらがそれを理解した上で、彼らが怖がる事をせず、彼らのペースに合わせ、ゆっくりと落ち着いて接すれば、とても優しく、平和で、穏やかなものを返してくれます。
ひとたび信頼を得れば、彼らはとても愛らしく、甘えん坊で、やんちゃな家族になります。

ローリーと一緒に遊ぶのはとても楽しい時間です。


まめちゃんは抱っこするとすぐゴロゴロだし


レオくんはストーカーみたいにつきまとって離れません。

ごきゅごきゅ。

みんなみんな、幸せになって欲しいので、おばちゃんもがんばるね。


いろいろ追いつきませんけど・・・(汗)
こもちゃんの近況もお伝えせねば!と思っております。
 

遊びの時間

猫じゃらしをつかむと、すかさずこの方が・・・

え?遊ぶ?遊ぶ?

ローリーの瞳がキラ〜ン☆

チョイチョイ・・・からの


がぶっ


で、あぎあぎー

太短い前足がツボです♡

そんなローリーを優しく見つめるまめちゃん


ここでも優しく見つめるまめちゃん


違うの。ずーっと同じ事してて飽きないのかなぁって。

まめちゃん、その角度、悶死・・・(//∇//) 



転がるローリーをクールに見つめるレオくん

あのねぇ、ぼくは「ひゃくじゅうのおう」だからこーゆう小さいのは狙わないの


そうだね、レオくんは大物狙いだもんね

そう、ぼくはおおものねらいなの


大きなエモノに


燃えるんだっ!!


じゃまです、じゃま。

レオくんはクイックルワイパーが大好きです。

このゆっくりとした動きが丁度いいのだろうか?

ちがうの、おおものねらいなのっ!キリリ


はいはい(笑)

(ここだけの話、レオくんはやっぱりおっとりタイプかもしれません。)


でもこれはリラックスしている状態でのお話。

見慣れないもの、聞き慣れない音を聞いた時の、瞬時の身のこなし、
人間ごときは、その速さに絶対についていけません。

彼らをかわいいと思う気持ちと、神々しくて尊敬する気持ちが同じくらい。

猫って、ほんとうに魅力的です。
 

7.5センチ


7.5センチ。

一体何のサイズでしょう??

実は



じゃん! ってピントが合ってませんが・・・(汗)


リフォームのアラが丸見え!!

っていう事ではなくて(汗)

コレなのです!







ふんふん♪ すんすん♪


あ〜ら


よっと。


えええ〜っ. Σヽ(゚Д゚○)ノ

けっこう衝撃じゃないですか?

正直、ワタシはかなり驚きました。

では、もう一度。

あ〜ら


よっと♪


これっぽっちの隙間を、何の苦もなくするっと通り抜けました。
ローリー、レオはまだ成猫サイズではないにしろ、体重は3キロ半くらいなので、小柄なメス猫くらいあります。

ちなみにワタシ、意外と足の甲は狭い方なんですが、それでも7.5センチ以上あるので、ワタシの甲は通りません(汗)

身近なものでは、iPhone5sの幅を計ったら約6センチでした。プラス1センチもあれば、脱走可能という事です。

例えば、猫がいるからと、気をつけてほんの少しだけ窓を開けたとしても、7センチもあればスルリと抜けられるという事になります。

そして、脱走を気にして、玄関の出入りの際、気をつけて開けたとしても足の甲幅より狭い隙間からスルリと抜け出せると言う事です。

これは「気をつける」だけでは防げない事だと思います。
具体的な対策が、飼い主としての責任であり、愛情であると思います。

ローリー、ご協力ありがとう。


レオくんもありがとう。


まめちゃん、・・・ヒマだったね・・・


これから風が気持ち良い季節ですので、
猫飼いのみなさま、お互い気をつけましょう!
 

「ペットのおうち」デビューしました。

ローリー、レオ、まめちゃんを「ペットのおうち」に掲載しました!
お問い合わせは下記リンクからお願いいたしますm(_ _)m

ローリー




レオ




まめちゃん




それぞれの魅力が出ている写真を選ぶのは責任の重い事なので、とても悩みました(>_<)

みんなの良さがにじみ出てるといいなぁ。
みんなのかわいさが伝わるといいなぁ。

こんなに可愛らしいのに、仔猫時代をノラ猫として生き抜いてきた彼らは、
人間を信頼するのに少し時間を要します。

数ヶ月前から餌付けのため、外で食べ物をあげていましたが、彼らは紙皿から食べ物を素早くくわえ、離れたところに持って行き食べていました。人間から離れて、安全な場所で。
うなり声をあげながら。誰にも、兄弟にも、とられたくないのです。
外で身につけた生きる知恵です。

保護してからも、しばらくはそんな風でしたが、
今は陶器のお皿で並んで食べられるようになりました。

私の膝に乗って来る事を覚えたり、
お腹を撫でられる事を覚えたり、
猫じゃらしで遊ぶことを覚えたり、

保護してわずかひと月の間に彼らが経験したことは、
天と地がひっくり返るぐらい大変な事ばかりだったかもしれないね。

そんなもっふぃーずの保護に至る経緯も少しずつ書いていかねば、と思ってます。

 

もっふぃーず、デビュー準備進めてます

なるべく全員一緒に募集開始したい・・・と思っていましたが、
こもちゃんはまだまだ人が怖くて慣れるまで時間がかかりそうなので、
ローリー、レオ、まめちゃんを今週中には募集サイトにアップしようと思います。

ブログを読んで下さっている方で、もしご興味がありましたら、
下記のお願い事項をお読みの上、お問い合わせください。質問も大歓迎です。

nyahoidahoi@gmail.com までよろしくお願いいたします。

ローリー(男の子)
何故かローリーだけ「くん」づけで呼べない不思議・・・笑


レオくん(男の子)


まめちゃん(女の子)


☆生後8〜9ヶ月
☆ウイルス検査済み(FIV FeLV共に陰性・証明書をお渡しします。)
☆男の子(ローリー、レオ)は去勢済み、女の子(まめちゃん)は今月中に不妊手術の予定です。
☆3種混合ワクチン:済(証明書をお渡しします。)

- - - - -

昨年夏、まとめて公園に遺棄され、蒸し暑い日、大雨の日、寒い夜も、兄弟離れず共に乗り越えてきました。誰も守ってくれず、どれほどの生命の危険があったか知れません。生き延びてこられたのは、兄弟一緒に寄り添いながら暖をとって不安な夜も乗り越えて来たからかもしれません。

単体のお申し込みも大歓迎ですが、今までずっとひとりになった事がありませんので、出来ましたら、先住猫さんがいらっしゃるお家か、兄弟一緒(3頭とは言いません(汗)どの組み合わせでも兄弟仲は良いです)に家族に迎えていただける方を優先させていただきたいと思います。

基本恐がりなので、慣れるまで少し時間がかかるかもしれません。気長に接していただければと思います。
外に対してまだまだ興味を持っていますので、脱走対策は必ずお願いしています。

- - - - -

問い合わせメールを頂きましたら、こちらから猫の飼育に関するアンケートをお送りします。
よろしくお願いします。ご環境によってはお話を進められない場合もございますのでご理解ください。

保護宅でお見合い後、こちらからお届けいたします。
1〜2週間程度のトライアル期間を経て、正式譲渡となります。
医療費の一部ご負担をお願いしています。

◎長久手市から車で2時間ぐらいまでのペット可住宅にお住まいの方

◎完全室内飼いで、具体的な脱走防止対策(玄関、窓)をお願いします。

◎ご家族全員の賛成

◎終生飼育、毎年のワクチン接種など、愛情と責任のある飼育管理

◎譲渡後も時々で構いませんのでメール等で様子をお知らせいただける方

*誠に勝手ながら、お留守時間の長い方、55歳以上、未成年者、学生の方には譲渡できませんので、ご了承下さい。一人暮らしの方はご相談下さい。
また、小学生以下の小さなお子様のいるご家庭はご希望に沿えない場合があります。

飼いたいと飼えるは違います。
最期のその日が来るまで愛情と責任を持ち、家族として大切にして下さる方を希望します。
 

4猫4色

3月5日、3月13日にそれぞれ2頭ずつ保護した猫たち。

もっふもふの長毛3頭、短毛1頭、合わせて4頭、
もっふぃーずと名付けて家猫修行スタート。

毎日が、ごはん、掃除、オヤツ、掃除、猫じゃらし、ごはん、掃除、ブラッシングで、
あっという間に怒濤の3月が終わろうとしています。早すぎる(汗)

みんな、だいぶ慣れてきました♪

ローリーは遊び大好きで、猫じゃらしひと振りでスグロックオンだし

「あそぼあそぼー」


「はやくはやくー」


「ひゃっほーい♪」


レオくんは抱っこ大好きで、抱き上げると脱力してダランダラン(笑)

「だっこだっこー」


「うふ♪・・・うふふ♪」


恍惚の白目


私をジロジロ見ながら遠巻きに歩いていたまめちゃんでしたが、

「あのおばちゃんまた見てる・・・」から


「あ、おばちゃん、何の用?」に。


そして、余裕の微笑み(^^)


こもちゃんは、まだケージ生活ですが、触らせてくれるようになりました(^^)v


第1段階は、ケージ越しに目でごあいさつ作戦。
瞬きすると、瞬きで返す。これが出来るようになりました。

第2段階は、ご飯を出すタイミングでナデナデ作戦。
まるでエロオヤジが若いコに、ご飯おごってあげるから触らして〜みたいなものですね(^^;)

案の定、ご飯欲しさに触らせてくれるのですが、「心は絶対開きませんから」と言わんばかりに、ゴロゴロも言わず両耳ぺったんのドラえもん顔でこちらをガン見。
背中をなでると振り返ってその手をガン見。
こもちゃん的にはきっと甘え方が分からず、「なな、なんのマネ?」って感じで混乱していたんだと思いますが。

私としてはいつ気が変わって反撃の猫パンチが来るかも知れず、戦々恐々。
撫でる手を引っ込める時の一瞬の恐怖は、分かる人なら分かってくれるハズ(笑)

それを何度も繰り返すうち、まんべんなく触れるようになり、特にアゴ下を撫でると、気持ち良さげにアゴを出してくれるようになりました。

「ひとのてはこわくない」って分かってくれた?

あとは、いつケージから出してみようか、タイミングを考えているところです。
なんとなくもう大丈夫な気がするんですが、こと猫に関しては私はとても慎重派です。
慌てて出して、こもちゃんが怖がってしまうことだけは避けたい。



でも、その日は近い!と思ってます。
 

レオの去勢手術とビビリのN

本日去勢手術のため、レオを病院に預けてきました。
そのまま一泊なので、明日の朝お迎えに行きます。

ケージから待合室をのぞくレオくん



目の中にはにゃほKが・・・




上の写真見て思い出した。同じような写真以前撮ったなぁ・・・(^^;)

これこれ。


このお方のビビリはハンパなくて、毎回病院に連れて行くのがひと苦労です。。゚(゚´Д`゚)゚。


へー


そりゃ


いったい


誰のことでしょうね?

 


calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

facebookページもあります。『いいね!』よろしく♪

Twitter

いつでも里親募集中

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

  • 猫鳴り(沼田まほかる・著)
    こみち

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode