これだけで一芸。

お、いっちゃんのトイレシーンに遭遇。


ぴょいん。


いっちゃん砂かけしない主義です。メンドーか?


キョロキョロ


オシッコしただけなのに、何故こんなにかわいいんでしょう?(≧▽≦)

目指せ兄ちゃん

チビクロがいる場所(写真左上の本棚)に、行ってみたい。
そんなにゃにゃおの気持ちを代弁してみました。

- - - - - 

チビ兄ちゃんかっこいいな・・・。
さりげなくあんな高いところにいる。


ボクもそこに行く!


おっっっっっ((( ;゚Д゚)))


《ジタバタの拡大図》


ひゃあああああん むりむりむりむり〜〜〜ヾ(。 ̄□ ̄)ツ


・・・ぽかぁん。


ちょっとカッコわるいところがにゃにゃおらしい・・・(* ̄m ̄) 

本棚の下にテレビ台があるのですが、チビクロはそこからピョーンとジャンプ。
すごい脚力です。

愛されジェイク

イチゴはジェイクが好きでたまらない。








重なるなぁ・・・










でもやっぱりこの絆は特別。


エルに会いたいな。



2つの世界

気がつくと前回更新から1ヶ月以上も間が空いてました(^^;)

気がつくと、なんてつい書いてしまいましたが


・・・ええ、気がついてました。


すみません。m(;∇;)m


前回記事に、暖かいコメントを頂いたり、直メールを頂いたり、
お花を頂いたり、猫たちへ美味しい差し入れを頂いたり、人間には野菜が届いたり。
ありがたいやら申し訳ないやら・・・。
気にして下さった皆さま、ありがとうございます。

猫らも人もみな、元気にやっております。

イチゴのジェイクLOVEはとどまるところを知らないし




ぷっちゃんは可愛すぎだし


仲がいいのか悪いのか、微妙な関係もあり


目つきが怪しい組み合わせがいたり


大雪の日にはトーテムポールが出現したり


寒いのか暑いのかすら、もう分からない事になってるにゃほ家です(^^;)


外猫たちとの付き合いも、もちろん継続しています。

私にとっては本当にカワイイコたち。
でも長年のノラ猫暮らしで、人との付き合いに距離があるコたちなので、
保護して里親さんを探せるか、と言われたらハードル高すぎ(涙)

茹でた暖かい鶏肉と美味しい缶詰や焼きかつお
家猫には贅沢な食べ物をせっせと運ぶ事しか今は出来ません。




家猫と外猫。
その生き方には少しも共通点がありません。

両方の世界を行ったり来たりしていると、
家猫のかわいい姿に親バカ丸出しで悶絶しつつ、
その姿にこちらを見つめる外猫が重なって見えたりします。

知らない方が幸せだったなぁ、なんて。
それでもそんな世界から卒業したコたちの幸せ便りに大きな勇気をもらいつつ。

今年も明日で終わりなんてウソだろー?!と毎年同じ事を思いつつ。

2015年もボチボチ(←ここ重要)更新していこうと思います。

ではでは、良いお年を♪



ラブレター

5年前の2月、寒い寒い日に、先住猫の葬式できみに出会っていなかったとしても、
「猫が好きな方がいます 猫が嫌いな方もみえます」
と書いた台の上で、まるくなったきみがじっと寒さに耐えていたとしても、
それを見た僕らは最初、きみのことをはく製だと思ったとしても、


僕らをたいして警戒するでもなく、コートに潜ってきたとしても、
それが、きみがここで生きていく術だったとしても、



きみが薄汚い野良猫だったとしても、
腫れぼったいまぶたで、目やにでぐちゃぐちゃだったとしても、


先住猫を失った悲しみで、しばらく猫を飼うのはやめよう、と話していた僕らが、
きみに出会うまで、きみたちの世界について何も知らない、無知な人間だったとしても、
残酷な現実を知って、きみを迎えに行こうと決心した、単純すぎる猫好きだったとしても、
4月の真っ暗闇の中、もしきみがあの場所で待っていてくれなくても、


大人しいから、と、ケージにも入れずクルマから出して、きみが動物病院の前で逃げてしまっても、
半日後、きみが隠れるガレージで、きみ鼻水の音に気づかなかったとしても、
お腹が大きいきみは中絶手術が必要だったとしても、


年齢はわからない、と獣医にいわれてたとしても、
「きみは何歳なの?」
「何回、桜を見たことがあるの?」
と問うて、きみが「にゃあ。」と答えるだけだったとしても、


一緒に暮らし始めたきみの表情が、おだやかになってくれなくても、


トイレの砂かけが下手で、そこら中に砂を撒き散らす悪いクセがあっても、
どんな時でもご機嫌で、ころん、ころん、とひとりで遊んでいなくても、


きみの後から我が家にやってきた猫たちに、きみが優しくしてくれなくても、


仕事から帰ると、きみが玄関にすっ飛んできて、お帰りのあいさつをしてくれなくても、
夏が過ぎ、少し涼しくなって、きみが寄り添って寝てくれなくても、


長年の外暮らしで、歯はぼろぼろ、ひどい口臭だったとしても、
何週間かに1度、歯肉炎の治療で通院しなきゃならなくても、
眼圧が高くて、右目の視力が全くなかったとしても、


病院への道中、助手席のきみは嫌がってずっと鳴きっぱなしだったとしても、
毎回、白い注射に4120円かかったとしても、
毎食、ドライフードに水薬をかけてからあげなきゃならなくても、
毎食後、必ず目薬をしてあげなきゃならなくても、
その目薬が、人間の目薬の何倍も高くても、
薬がなくなれば、会社帰りに真冬の道を自転車で飛ばして動物病院まで買いに行かなきゃならなくても、


寒くなって、きみが鼻水を飛ばしながら家中を走り回っても、
それを、ウェットティッシュを持って追いかけ回さなければならなかったとしても、
人間の赤ちゃん用の器具で、きみの鼻水をうまく吸い取ってあげられなくても、
暖かくすれば少しは楽になると思って買ってきた洋服を、きみが全く気に入らなかったとしても、


冬になって、ストーブ前のきみの写真をみんなが気に入ってくれなかったとしても、


そんな写真を「ストーブ通信」と名付けて、しつこく写真を撮る僕に、
きみが毎日のようにつきあってくれなかったとしても、


壁に飛び散った鼻水がカリカリに乾いて取れなくても、
着替えのため会社に持っていったワイシャツの袖口で、きみの鼻水が金色に光っていても、
そんな、きみの手に負えない鼻水のことを、僕らが

「愛」

と呼んで、笑って済ませていたとしても、





今年の夏頃から次第に毛並みがばさばさになったとしても、
10月の半ばに、きみがごはんを食べなくなってしまったとしても、
昨日まで少しは食べてくれたマグロのさしみを、今日きみが全然食べなかったとしても、
ほんの少しの強制給餌をきみが全力でいやがったとしても、
きみの大きな右目が、脱水で白濁しはじめてしまったとしても、
日増しに変わっていくきみの姿を見るのが、つらくてつらくて、つらくて、つらかったとしても、
それでも僕らは、かわいいね、かわいいね、と声をかけ続けたとしても、


旅立ちの日に、わざわざ週末の土曜日を選んでくれなくても、
旅立ちの日まで、きみが大好きなストーブの前に歩いてゆけなくても、
ストーブ前の最後の1枚が、うずくまっているような写真になってしまったとしても、


フローリングに毛布を敷いて、はなれずにずっと撫でている僕を、きみがうれしく思っていなかったとしても、
旅立つ少し前、きみの名前を呼んだ時に、まばたきで合図をしてくれなくても、
きみがあと5年生きるために、
自分の寿命を5年差し出したい、と本気で思っていたとしても、





やがて、出発時刻の22:36が来てしまっても、



よく晴れた日曜日の午後、きみと出会ったお寺に、君を連れて行くことになったとしても、
すっかり軽くなってしまったきみが収まるピンクの円いベッドに、たくさんの花を飾ってあげられなくても、
あれほど乗るのがいやだったクルマに、きみが無言で乗っていたとしても、


職員の人たちがきみを覚えていて、きみは今10歳ぐらいで、そこで生まれたのではなく、捨て猫だったとわかっても、
きみがちっぽけな骨壺に収まってしまったとしても、


5年とちょっとの間に、きみが僕らにくれたものが、どれだけ大きくても、どんなにささやかでも、


僕らは、ずっときみを愛しているよ。

ありがとう、マロ。

ストーブの季節だというのに

マロの不調が続いています。


夏から秋に季節が移ったあたりから、体調がちょっとずつ崩れてきて、
通院の間隔が短くなりました。

この数週間、熱が上がり、下がったと思ったらまた上がりの繰り返し。

昨日、今日は熱は下がっていますが、目に見えて衰弱してしまい、
この1週間、ほとんどご飯を食べてくれません・・・。
心配な状況が続いています。

顔は丸くて可愛いままですが、体が痩せて小さくなってしまいました。



みんなそろって元気に冬を迎えたい。
今はそれだけを思っています。


猫じゃらしで考える和平案

最近はもっぱら家猫との日々で、ブログ更新も滞り気味でございます。
里親さんを募集している時と気合いが全く違います(笑)

多頭飼いならではの忙しさはあるけれど、体がしんどいだけで
精神的には背中の荷物が降りたみたいに軽いです。

ということで、フェスブックページのお気楽更新が増えていますが、
良かったらのぞいてみてくださいね。


毎朝猫らのカリカリご飯を終えた後、自分のカリカリ(フルグラ)を食べます。

食べてると、視線を感じる。



だいたいにゃにゃおかチビクロが持ってくる。


無視していると、こうなっている。



じゃらしがピクリとでも動いたらすぐ起きられるようになってます(笑)

諦めない。しつこいです(^^;) 本当に。

で、早々に遊びスタートなのですが、これが本当に毎回すごいなぁと思うんですが、
チビの次はにゃにゃ、というようにちゃんと交替制で遊びます。
どちらかが追いかけていると、片方は見てる。



で、あうんの呼吸でバトンタッチして追いかける。



ひとつのモノを奪いあうんじゃなく、交互に遊ぶ。
とても平和的なのです。
人間も学べるところがあると思うのは私だけでしょうか。

でもね、ふと思う。
つまり、かれらは交替で休んでて、


私には休みがないじゃないか・・・・。


という、ちょっと腑に落ちない面もありますが。


この猫じゃらし、、、どこかに売ってないでしょうか。
猫のきもちの付録だったんですが、にゃにゃおとチビクロのお気に入りなのです。
ネズミちゃん、何度も縫い直してて、ボチボチ限界かも・・・(><)

もうテーブルの上まで来て待ってますので、このへんで・・・(^^;)



にゃにゃおのファッションショー

その後すっかり元気になったにゃにゃおですが、
通院時、背中に出来たパゲがなかなか治らず・・・。

それどころか日に日に大きくなってきたので(汗)、またまたビョーインへ。



抗生物質の注射がアルカリ性なので、皮膚への刺激が強くパゲるコがいるようです。
ふぅも似たような場所にパゲがあるのですが、以前、手術入院した時に出来たので、
そういう事だったのね。

にゃにゃおの場合、後ろ足でケリケリしたりお兄ちゃんたちにグルーミングされたりで、
どんどん悪化しまったので、取りあえず2週間効くステロイドで様子をみる事に。

そこでふと、何年ぶりかで、あのユーワクが・・・。




この時のフリース服があまりにもひどすぎて、
どこかでリベンジしたいと思っていたのだ。

じゃん。

私の古Tシャツをリメイクしてみました。

後で気づいたけど、ボーダーズレズレ。着せてみると目立つのね〜。

鼻のピンクとコーディネイトされているようだ。(自画自賛)

それほど嫌がらずに着てくれてるような・・・?

とはいえ、ちょっとむっちり。

4.45キロのにゃにゃおにはちょっと小さめだったかも・・・。

ストレスになってもイケナイし、注射もしたし、ということで、
ひと晩限りのファッションショーということになりました。

みんちゃん、代わりに着る?


ヤにゃ。


怖かったはなし。

そりゃあもう怖かったのですが、過去形です。

先週の事。

にゃにゃおが体調を崩し、毎日のように病院通いをしておりました。


にゃにゃおキャリーをのぞくチビクロ

朝ご飯は特に変わった様子もなかったのに、夜ご飯に全然手をつけない。
こんな事は初めてだったので、びっくりして触ってみると体も耳がとても熱い。

慌てて診療時間ギリギリで病院に駆け込むと、なんと40.5度もありました(><)


その後数日間、なかなか熱が下がらず。。。
レントゲン、血液検査、猫生2度目のHIV・白血病検査(陰性)、
色々な病気の可能性を探りました。


病気を探っている時、先生に言われたのは、
膿胸、リンパ腫、FIP、腎盂腎炎などなど・・・
どれもこれも本当に恐ろしい病気ばかり。

特にFIPかも、と言われた時は、
エルを亡くしただけじゃまだ足りないのかと、
にゃにゃおまで逝ってしまうのかと、運命を恨む気持ちになり、
目の前がもう何も色が無くなるぐらいショックで、その時の気持ちは言い表せません。

抗生剤とステロイドで3日間。熱も白血球の値も下がっていき、
食欲も出始め、少しずつ元気になってくれました。


復活の巻

去年あたりからあちこちにパゲが出来たり、ストルバイト結晶になったりと、
他のコと比べると何かと病院のお世話になることが多い、にゃにゃお。


今回は、何かの免疫疾患があるのかもしれませんね、というお話でした。
ただ、それを調べるのは難しいし、分かったところで治療法は限定されるので
あまり意味はないですという事でした。私もそう思いました。

性格的に、ちょっと用心深いというか神経質なところがあるし、
ご飯にもあんまり執着がなかったりする、にゃにゃお。
これからも注意していかなければ。




エルが亡くなってから、私にできる事はなんだろうと思い、
みんなのごはん日記をつけることにしました。


朝晩、誰が完食したか、誰がどのくらい残したとか、誰が吐いた・・・などなど。
8ニャンズもいると、個々をきちんと把握するのは難しいので、
せめて、こういうものを書くことで、少しでも小さな変化を見逃さないように、と思って。


それにしても、誰かが病気になると、ブログ、フェイスブック等の更新が出来なくなります。
メンタル的に、全く余裕がなくなる。

時々リアルタイムに闘病を綴ったブログなどを見かけますが、
私の場合、そういう方向には全くベクトルが向かない性格のようです。



モロモロ落ち着いてから、やっと書ける、みたいな。

ま、元々筆無精だしね(^^;)


保護2周年の男

七夕の夜に鳴き叫んでいるところを、シーバでつられて捕獲された男。


体重700g、推定7週齢。あっというまに「ナナオ」という名を授かった男。
命名:ナナオ(♂) | にゃほいだホイ!

あっという間に先住猫にもなじんだ男。
ナナオdeダイエット | にゃほいだホイ!

すくすく成長しまくる男。
ナナオ、7/7〜7/20 | にゃほいだホイ!
ナナオ、7/21〜8/7 | にゃほいだホイ!

初陣を飾れなかった男。
譲渡会でした。 | にゃほいだホイ!

実は寝起きの顔がアレだった男。
寝起きのナナオによる(^^; 猫のお見合い会のお知らせ | にゃほいだホイ!

皆から「4番でエースの1年生」と太鼓判を押されるも、本番の弱さが露呈した男。
本番に弱いおとこ。 | にゃほいだホイ!

得体の知れない力で、神戸から人を呼び寄せてしまった男。
昨日は譲渡会でした&サプライズいろいろ | にゃほいだホイ!
(この後のお見合い会では、東京から人を呼び寄せた)

くるねこ大和さんのブログにも掲載され、たくさんの応援コメントをもらった男。
prince'sプリンプリン - くるねこ大和

期待に応えて、とうとう結果を出した男。
にゃにゃお、頑張った☆ | にゃほいだホイ!

しかし、よんどころのない事情で帰ってきた男。
おかえり、ナナオ。 | にゃほいだホイ!

実際、負けっぱなしだった男。
ヘタレの魂100まで・・・ | にゃほいだホイ!

鼻の周りがニンニクの形をしている男。
お仕事始め | にゃほいだホイ!

黒いお兄ちゃんが、だいすきで大好きでダイスキな男。
今日もイチャイチャしていた男たち(Facebook)

2歳の大人になった男。


そんなにゃにゃおナナオですが、今後ともよろしくお願いします。


calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

facebookページもあります。『いいね!』よろしく♪

Twitter

いつでも里親募集中

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode