動物福祉検定

昨日「動物福祉検定」というものを受けてきました。

 

 

動物愛護ではなく、動物福祉。
言葉は似てますが、意味はちょっと違う。

 

動物といっても、犬・猫といった身近な動物だけでなく
私たちの食を支える畜産動物、医療や研究の場で使われる実験動物
動物園などの展示動物、野生動物などなどたくさんの動物がいます。

 

動物愛護の主体はヒト。愛護はヒトが動物を大切に可愛がって庇護すること。
動物福祉の主体は動物。福祉は動物の生活環境を整えるということ。

 

彼らの生活環境といってもなかなかピンと来ないですが

 

分かりやすい所では畜産動物や実験動物たちの置かれている環境などは検索ですぐ出てくると思いますが、最近よくメディアに取り上げられるようになった猫の多頭崩壊的な環境だったりします。

 


ちなみに、ののちゃん

 


ここちゃんは、愛護動物であり家庭動物です。

 

私たちはたくさんの動物を利用して快適な生活をしているけれど
普段の生活でそれを意識する事はあまりないし、
私に関してはむしろ、知らない方がいい、見ない方がいいと
本能的に避けていたぐらいでした。

でもこういう検定があると知り、これを機に知ってみようと思いました。

 


ブラックとロシアンブルー風。ナイスな組み合わせ♪

 

受験というからには合否があるわけで・・・(^^;)
結果はひと月ぐらい先のようですので、
このまま何の音沙汰も無ければそっとしておいてくださいw

 

ちなみに会場は熱気ムンムンの満員御礼でした。
だいたい120人くらいかな?もっと?
2回あったので、250人くらい受験したんじゃないかな。

 


ここちゃんは最近ひとり遊びにハマってます。

 

このような検定が出てきたこと(今回が第1回)は、
それだけ感心をもつヒトが増えているという事ですよね。

合否に関わらず(←ここ大事)、いい経験でした。(`・ω・´)ゝ キリッ・゚

 


ののちゃんはポンGとお尻くっつけてマ〜ッタリ

 

今後はそんなことも書いたりするかもしれませんが、
よろしくお付き合いください。

 

ののここたち、いよいよ今週末からトライアルです♪
 


あと2週間

この週末トライアルに出る予定だった、ののここたち。

 

ですが、ここちゃん鼻水がちょっと出ていて、心配に・・・。
ということでザンネンですが、トライアルを少し伸ばして頂く事にしました。

 

二人一緒に窓の外を眺めてます(左:ここ 右:のの)

 

寒い時期ですし、お家を移動するという事は室温の変化もあるので、
念のため、お薬飲みつつあと2週間ほどにゃほ家のみんにゃと合宿です。

 

ちなみにふたりともお薬のむのは上手です。
ゴロゴロ言ってる間にゴックンできちゃいます♪

3種類の薬。空のカプセルに入れて一度に飲ませます。
この方が早いし、苦くないですからね。

ちゃんとのどを通過するように、この後シリンジで少しお水を飲ませます。


まめちゃんは最初、二人にシャーシャーしてましたが(笑)今では慣れました。

↑めったに見られないし、全然怖くない(むしろ可愛い 笑)シャー。


ローリーは相変わらず新入りさんに人気。


ぽんちゃんは相手が仔猫だろうが成猫だろうが、全く動じません。

気に入らない相手は誰であれ、ぽかっと叩きます(笑)

 

 

お客さまが見えても動じず、ソファの上でおもてにゃししてくれるし。

 

にゃほい合宿所の頼れる所長さんです(^^)


ののちゃん、ちょいベロ出てるよー。

 

きゃはは、ののちゃん、オモシロ〜。

笑うここちゃん(^^)

 

に見えるアクビ。

 

さ、今週もがんばろ。

 


お気に入りの場所

年明け早々火を吹いたMacBook Proのアダプター、またしてもダメみたい。

 

違うコンセントに差してみたり、
いろんな角度から差してみたりしてるけど、

無駄な動きでメモリを使うむなしさよ。


あと43%しかないよぅ・・・(;_;)

 

 

日中の猫たち、みんなそれぞれお気に入りの場所があって個性が出てます。


ローリーは2段ケージの上が好き あどけない寝顔LOVE


ぽん&まめちゃんは寒がりなので、ソファー。
ホカペが仕込んであるのでほっこり。


ここちゃんはハンモックがとにかく大好き


ののちゃんは手作りベッド愛用者

 


時々下に敷いてるホカペにもぐるコだーれだ!


ふふ、かわいいな(^^)

 

寒がりナンバーワンはまめちゃんのようです。

 

この時期、暖房は24時間付けっぱなしです。

 

なのに更に暖かい場所を探して潜り込むまめちゃん。

 

去年の今頃はまだ外にいたなんて

思い出すだけで辛くなる。


暖かい冬を知らずにいる外の猫たち。

せつない季節です。


 


ラッキーガールズ

金曜日、ここちゃん不妊手術を終えました。

 

無事に終わり、ホッとしてます。っっjkkkkkkkkkkっっっっkkkkっっっっっっっk

 

(っとここでトイレに立った隙に、ののちゃんが続き↑を頑張ったようです)


ほんの少し前まで、寒さに震えながらノラ猫として生きていたのの&ここ。

 

保護して間もないふたりですが、トライアルのお話を頂きました(^^)

 

 

間を取り持ったキューピッドは


このおふたりさん。

 


お見合いの最中、緊張のあまり魂が抜けてます・・・

 


じつは、ローリー&まめちゃん、ふたり一緒のお見合いでいらしたご家族が、

特に小学生の娘さんがののちゃんと波長がバッチリ☆

 

ののちゃんもこんなにたくさん遊んでもらうのが初めてで、
嬉しくて楽しくて、お見合い中ずっと一緒に遊んでいました。

 

また、せっかくなので別室にて隔離中だったここちゃんにも会っていただいたら、

ころんと転がり、ヘソ天ゴロゴロダンスを披露。

 

可愛くて甘え上手なふたりのアピール力の高さに、私もビックリでした。

 

 

家族会議の結果、のの&ここちゃんで、というお話になりました。

 

私もそんな気がしておりました。

 

相性は大切ですからね。

 

おつかれさま・・・(^^;)

 

 

ふたりとも猫風邪をもう少ししっかりケアしてからのトライアルになります。

 

 

よかったね♪


 


ここちゃん保護の経緯

1月9日、枯れ葉だらけの公園から、いきなり病院の診察台へ。

 

 

ののちゃんと同じ現場で保護しました。

 

月齢も同じくらいですし(獣医さんいわく8ヶ月くらい)、
ふたりともとても人懐っこい性格なので、姉妹の可能性は高いと思います。

 

 

最初に出会った時、このコはここから連れて出して欲しいんだ、と思いました。

 

12月21日


私の膝に前足をのせて、必死にニャーニャー話しかけてきたんです。
何のためらいもなく。

 

気持ちだけで行動できるなら迷わないけれど、
保護はキャパと時間とお金、などなど・・・

 

考えなければならない事がたくさんあって

 

 

12月30日

 


この日も切々と語りかけてきました。

 


1月5日

 


いきなり膝に乗って、しかもショルダーバッグのヒモをくぐり、
私に熱視線をむけてます。

 

そして膝の上でフミフミフミフミ・・・・。

 

食べ物を出しても、それよりなにより、とにかくヒト。

こんなにヒトが好きなコがどうしてこんなところに?


考えても仕方ないけど・・・

 

動物の遺棄は犯罪だ、100万以下の罰金だ、といっても実際は野放し。

 

腹を立ててるヒマがあったら、頭を切り換えて猫たちのために動く方が精神衛生上も現実的にも建設的。

 

実行力のない罰則より
不幸な動物に心を寄せるヒトがじわじわ増える事に期待しています。
 


ののちゃんに比べると見た目は元気そうですが、実は熱がありました。
ワクチンは延期、投薬しながら養生中です。

 

 

ハンモック大好きです(^^)

 

 


おめめは気にしにゃい

こんにちは。ののです。

 

目、だいぶよくなったよ。


よく見えるし、ここ、寒くないよ。

 

 

ののちゃん、保護当初から比べると、格段に目がきれいになりましたが、
よく見ると、左目が涙でちょっぴりうるうるしているし、瞬膜がすこ〜し出てます。

 

 

 

でも、ビフォーをしっている身としては、

ここまで回復してくれて、本当に良かった。100点満点です。

 

 

 

 

こんな風にもうノビノビ〜。

 

 

のびのび〜♪

 

 

なんでしょう、このくつろぎっぷりは(笑)

 

とにかく甘えん坊。ヒトが大好きです。
天然成分も多めで、なんだかいつもクスっと笑ってしまいます。

 

いるだけで場がぱぁっと明るくなる、そういうヒトいますよね。
ののちゃんは、そういうタイプです(^^)


そして、前回ちょっとだけお知らせしたご新規さん。

 

 

ロシアンブルー風。

目鼻だちのハッキリした美人ニャンです。

 

獣医さんの見立てで8ヶ月ぐらいの若猫さんです。

ののちゃんと同じ場所で保護したので姉妹かもしれません。

 

名前は、ここちゃんにしました。

 

紹介はこの次の記事で (`・ω・́)ゝ
 


に胡、元気で暮らせよ!

1月7日。よく晴れた午後、に胡の正式譲渡でした。

 

おニューのケージ。

最初はちょっと隠れていました、が。

 

このヒトたち、どっかで見たような、、、とりあえず様子見でち。

 

ほどなく、リビングをうろうろ。

 

 

うろうろ。

 

 

うろうろ。

 

 

もうすっかりIさんのお宅のに胡ちゃんになっていました。

 

わたしのおウチでち。

 

トライアルに入るまでに脱走対策もほぼクリア。

 

トライアルが始まってこのかた、

 

しっかりごはん食べました!

リビングにケージを移動してみました!

リビングデビューしました!

 

とタイムリーにご報告くださるIさん。

保護主としてはトライアル期間は色々気をもむことも多いのですが、とても安心感がありました。

Iさんのお父さまもお母さまも、メロメロだそうです。

 

がんばったでち。

 

そうだね。に胡もがんばったね。

 

 

 

そろそろ、猫の保護活動を始めて8年近く。

まさか会社で保護することになろうとは思いませんでした。

足を引きずっていたので保護するのに迷いは全くなかったんですよね。一瞬、というか、ゼロ秒。

 

胡のまじないが効いたのか回復も順調、元気いっぱい。

 

 

譲渡誓約書のサインが終わる頃、亡くしたびびちゃんへの想い、トライアル期間中の葛藤、に胡の里親としての決意などIさんからうかがいました。

 

 

どうか、に胡が、なに不自由のない幸せな猫生を送れますように。

どうぞよろしくお願いします、Iさん。

 

大きくなってきたから、そろそろ歯も生え替わりますね。

部屋にポロッと落ちていることがあるので、お掃除の時に気を付けてみてくださいね。

 

なんて話をして別れた帰り道。

 

LINEにはこんな写真が届きました。

 

 

 


 

ここから始まった骨折、ガリガリ女の子のシンデレラストーリー、これにて終了です。

 

応援してくださった皆さま。

皆さまがいらっしゃるからこそ続けていられるようなものです。

本当に本当に、ありがとうございました!

 

ありがとうございましたでち!

 

 

引き続き、ののもよろしくお願いします。

それと、あともう1匹。

 

え?


ののちゃん保護の経緯 その2

少し空いてしまいましたが(;∇;)、前回のつづきです。

 

とにかく早く目を診てもらわねば!と病院に直行。

 

 

到着後、捕獲器の中で性別を確認しようとするも、威嚇するわバタバタするわで先生もよく分からないとのこと。

 

突然の出会いで名前も浮かばないまま、「黒猫ちゃん」として預けてきました。

 

入院中に不妊手術(女の子でした)、目の手術(瞬膜の切開)など、必要な処置をして頂き、20日にお迎えに。

 

 

出会って2度目で保護したコ。


名前もまだ浮かばない。


3.3キロ。1歳前後の若猫さん。


幸いなことにウイルス検査は陰性。

 

でも性格は全然分からない・・・。

 

車の中では声ひとつたてません。

 

ドキドキしながら自宅へ連れ帰り、お互い知らない者同士という緊張感MAXの中、
キャリーから3段ケージに恐る恐る移動させました。

 

穏便にケージに入ってくれた時は、ヘナヘナでした。

 

私は知らない猫はとても怖いです。すぐに近寄ったりしません。
相手の様子が分かるまでこちらからフレンドリーには行けません。

 

私が猫なら、里親募集記事に「慣れるまで時間がかかるタイプ。」と書かれるでしょう。

 

とりあえず難関(ケージに入れる)はクリア!!


あとはじっくり観察のみ!

 

って・・・

 


 

あんた、ご機嫌じゃんっ!!

 

しかも、声かわいいんですけど(*´∀`*)

 

 


 

めっちゃフミフミしてるし!!

 


なんと!

 

凶暴説まで出て恐る恐る接していたのが滑稽すぎる展開に・・・笑

 

嬉しすぎる誤算でした!

 

ののちゃんはヒトが大好きな猫さんです。
すごく甘えん坊さんです。

 

 

そして、ちょっと・・・いやかなり天然ちゃんかも。
あまりにもヘソ天フミフミしすぎて、2段目から下に落ちました(笑)

 


投薬もラクラク。
何が起きたか分からないうちに飲み込むタイプです(≧▽≦)

 

近日中に里親募集サイトに掲載する予定ですが、
こちらでもお問い合わせをお待ちしています。

 

nyahoidahoi@gmail.com

 

 

どうぞよろしくお願いいたします!


 


ののちゃん保護の経緯

昨年末前回、少しだけ登場した新たな保護猫、ののちゃん。

 

11月、ブランが正式譲渡になり、
12月、に胡ちゃんがトライアルに出て、
こもちゃんの正式譲渡の日が近づいていた頃に話はさかのぼります。

 

3にゃんそれぞれが順調で、
(ローリー、まめちゃんは年越し組にはなったけど 涙)
里親さん探しの重圧からひとまず解放された気分でした。

 

そのせいか風邪はひくわぎっくり腰になるわ、
違う意味で大変だったけど(笑)

 

これから本格的に寒くなるし・・・
少し前から気になっていたコを保護しようかどうか、考えていました。

 

そのコとはいつも会える訳ではないので、その日もいるかなぁ、いないかなぁ、、、
と思いながら行ったら、いたいた!

 

 

とりあえずご飯をおいて少し離れて食べる様子をみていたけど、なにか違う。
確かに私が気になっていたコは黒猫だけど、こんなコだったっけ・・・?

 

と少しずつ近づいてみたら、やはり別猫!

 

他にもいたんだ!という事にビックリしつつ、更に驚いたのはこのコの目でした。

 

 

右目がクリクリの大きな瞳なだけに、その左目の小ささが際立っていてドキッとするほど異様でした。

 

このコに何が起きたのか、ヒト慣れしてるのかしてないのか、性別すら分からない。

 

でも、これからますます厳しくなる季節を前に放置することは
残っている僅かな視界が閉じていくかもしれないこと。

 

保護して適切な治療をすれば、目を失わなくても済むかもしれない。

 

まだ間に合うかもしれない。

 

 

 

12月17日、捕獲器をおいてわずか数分でした。

 

よほど空腹だったようで、扉が閉じた事より中にいれた鶏肉を食べる事に夢中な姿が、余計胸にささりました。

 

よくよくみたら、鼻もぐじゅぐじゅ・・・。

 

このまま病院に直行しました。

 

 

つづきます。

 

 


断捨離とブランの里帰り

何やってたんだろう・・・っ?てぐらいあっという間に終わった年末年始。

 

ますます記憶力が怪しい今日この頃なので、ざっと書き出しておこうと思います。


年末、とうとうアレとお別れしました。

 

 

え〜・・・・。元・竹ラグです。


これ、持ってくの・・・?
って言ってるように見えるローリーに、ごめんねの気持ち・・・(涙)

 

ここまで進化発展(?)を遂げた元・竹ラグですが、もっふ達が上り下りする度に出る細かい埃と見た目に耐えきれずw

 

ベランダに転がるすだれ2本も数年前からミイラ化していたので、一緒に。

 

その他、ぐだぐだにされたブラインドや古い衣装ケース、壊れた室内照明、せんべい布団など、大きいがゆえに普段のゴミの日に出せず、かといって粗大ゴミで出すと1点800円もかかるので、もんもんと貯めていたものたち。

 

レンタカーを借りて市の施設に持ち込みました。

これだと10キロあたり200円で処理してもらえるので、1600円で済みました!

 

スッキリした〜。

 

レンタカー代を考えると決してお得ではなかったけど、どーんと断捨離出来た喜びは大きい(笑)

 

- - - -

 

そして、2泊3日で里帰りしたブラン。

よっ♪

 

うちの事忘れているだろうから、念のためケージにいれて少し落ち着いてからフリーにしようと思っていましたが、ビビる様子も特になく、30分くらいでフリーになりました(笑)

 

とはいえ、半日ぐらいはあちこちをすんすんふんふん、コーフン気味でしたが。

 

体は大きくなったけど、まだまだ心は仔猫のブラン、
ローリーにどーんと絡みまくり、ののしかかりまくりで、最後は乱闘に(^^;)

気の弱いローリーはひたすら逃げまくってました。

 

 

ぽんちゃんは高みの見物(賢い 笑)

 

ローリーはブランより、ブランのおもちゃに興味津々。

 

 

 

転がるローリーが撮れました。

いつもこんな風によくコロンコロンしてます(笑)

 

 

ブランの里親さんHさんから猫&ヒトにオヤツを頂きました。
ありがとうございます♪

 

 

ブランにはおばちゃんからお年玉を。

 

元旦はsuamakunご夫妻と新年会、美味しいスタートとなりました。

場所は、セントレアの滑走路が目の前という素晴らしい眺望のレストラン。
suamakunご主人のTさんのお店セレクトはセンス抜群です(^^)

 

 

ラストを飾るのは、新入りののちゃん!!

 

抱っこOK!

むしろ、抱っこしてほしくて突進してきます。

ヒトが大好きで常に一緒にいたいタイプ。

 

次回はののちゃん保護の経緯を書こうと思います。

 



calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

facebookページもあります。『いいね!』よろしく♪

Twitter

いつでも里親募集中

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

  • 猫鳴り(沼田まほかる・著)
    こみち

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode