ノラ仕事07

配食しつつ確認出来たコ。

キジ白1号、2号
ハラヘリ魔
シャムッコ
オッドアイ
クロちゃん
ハチワレッコ
ミケコ(いつもの場所で昼寝しているのを確認)

<別エリア>
マダラ

<別エリア>
しょうちゃん

<別エリア>
グレコ
白グレー2匹(片方ピアス猫)
キジカワイコ
キジトラ

以上 15頭

ケータイで撮ったら顔が長っぽそくなったキジ白1号(;^_^A 

公園に行くなり、レギュラーメンバーが走り込んできた。
嬉しいことに久々に兄弟そろったキジ白とシャムッコとハラヘリ魔。
食べてなかったのね。。。(´_`。)

遅れてハチワレちゃん。
前回より更に汚れが目立つ上、動きもスロー。後ろ足がかなり汚れている。
お皿にウェットを入れて近くにおいたが、食べずに帰って行った。心配。
ハチコの兄弟なのかな。。。顔に似合わずダミ声で鳴く。

オッドアイとクロちゃんがほぼ同時にやってきた。
オッドアイはかなり体格がいいし、人慣れしている。捨てられたのだろうか?
クロちゃんはビビリで全くさわれないので少し離れたところにお皿をおくようにしている。サビッコのコだから、親に似たんだろうな。。。

一通り配食が終わると、あっけないほどささっと帰って行くキジ白兄弟。
ハラヘリ魔はあるだけ食べ尽くすコなので最後まで食べている。
シャムッコは食べ終わっても立ち去らずに近くで毛繕いしたりしている。
ご飯の後にも何かしらコミュニケーションとりたくて、近くをうろうろしてる感じ。木に登って勇姿をみせてくれたり。かわいいなぁ。。

ふと気がつくと、またハチワレちゃんが近くにいた。
仔猫用の小さいムース缶をあけ、抗生剤を混ぜたものをおいてみた。
食いつくまでに時間がかかったが(鼻が効かないのかな)少しずつ口にして完食。もう1缶あげたらそれも完食。シーバ1袋も完食。
ヨカッタ。。。食べてくれて。
少し警戒するけど、背中もなでられるし、ちょっと移動させたくて持ち上げても平気だった。とにかく薬を食べてくれたので少しホッとしたが、つらそうな状態。。
遠くを見るとミケコが自分の巣で眠っているのがみえた。

前回前々回と、チャトラが見えない。別エリアのモデルもしばらく見かけない・・。

別エリアでまた地域猫発見。成猫で、前回見たコと兄弟っぽい。
ピアスがかわいくついていた。
ここにいるコたちは首輪をつけた成猫が割と多い。このコらは全員不妊手術終わってるのかな?去年の夏生まれたコたちが5〜7頭ぐらいいるけど、そのコらもしてくれる予定があるのだろうか?一度お会いして協力しあえたらいいなと思っている。

それにしても・・・。
公園だから犬の散歩が多いのはいいんだけど、糞の始末をしないマナーの悪い飼い主が多すぎる。ここなら平気、なんて場所は自分の家の敷地以外どこにもないですよ。

サビッコとマロ

サビちゃんを11月に保護してから3ヶ月が経とうとしてます。
経緯はまた後日書くとして(;^_^A・・・、

サビは1日のほとんどをケージ内に作った段ボールハウスで過ごします。
トビラはいつでも開けっ放して、出入りはサビの意志に任せてるのですが、年のせいもあるんだろうけど、ケージの2段目3段目に登る事もなく、ほとんどの時間を段ボールハウスで過ごします。
人間にはまだまだ慣れてくれないサビちゃんですが、さすが元同僚(?)同士、最近よくこんな光景を目にするようになりました。

んべんべとゴマすりしながら、おじゃましているマロ
サビちゃ、ストレートなまなざしが怖いッス。

同じ公園の同じエリア出身の2頭。もしかしたら血縁関係もあるのかもしれない。
この2頭を初めて見かけた頃の事を思い出すにつけ、今こうして雨も風も当たらない場所でご飯の心配もなく仲良く寄り添ってる姿を見ると、あのままにしておかなくてヨカッタとしみじみ思います。

「っていうか、仲がいいのだろうか?」。。。。。(・・;)

サビちゃが大人しいのをいいことに、やり放題なんじゃないのか?マロ。

遠近感つきすぎですから。サビ、ぐるじぞう・・・


んふふふふふ・・・。仲良くしましょうよぉ。
って感じのマロの妖艶なほほえみと対照的なサビのまなざし。


そして乗っかり放題。( ̄Д ̄;;仲良しなのかっ?!

こんな仕打ちを受けても真面目目線を外さないサビ。
何とかして欲しくて目で訴えてますか?

そして哀しい結末。家を追い出されたサビ発見。

こんな事されてもじっと耐えるのがサビちゃなんです。
ふぅにしっぽをおもちゃにされても、マロにのしかかられても、決して怒らずにじっと耐え続けるサビちゃ・・・。目が怖いです。



チビシロ保護→譲渡までの記録

2009年の宿題をしています。(;^_^A アセアセ・・・
まずはチビシロの事をまとめようと思います。

2009年10月3日(土)チビシロ発見→最初の保護
いつもの公園にて、初めて発見。2〜3ヶ月の仔猫。
ちょっと薄汚れていて、首の後ろにキズがある。
お掃除のおばさんに聞くと、この子を欲しいという人がいるそう。
先日もつかまえようとしたら、なかなかつかまらず断念したとのこと。
「そんなに大変かな・・?」にゃほKが試してみたらあっさりつかまった(笑)
公園の管理室のスタッフの方がケージを出してきたので引き渡した。

ちとバッチイコちゃん

10月4日(日)チビシロまた公園へ
翌日気になってきてみたら、昨日ケージに入れられたはずのチビシロが外をうろついていた。なーんとなく昨日不安な気がしたんだけど、的中。

あれっ?キミ何故そこにいるの?

スタッフいわく、欲しいと言っていた人の連絡先を知らないので・・・とのこと。
少しでも野良猫を減らしたいならそんなヘマしないで欲しい。。。(ノ_-;)ハア…
「他にも欲しいと言っていた人がいたし、いつもこの辺にいるから逃げないだろうし」とのんきな返事しかかえってこなかった。
掃除のおばさんもこれにはちょっと怒り心頭していたようだ。
シビアな話、カワイイカワイイ言われるのは仔猫の今しかない。そしてそれは短いのにぃ!

それから数日・・・
なんと、伊勢湾台風並みの恐ろしい台風が直撃するかも!との情報で、ここ数日東海地方は万が一に備えてスーパーには長蛇の列。庭先の植木をかたしたり、不安な日々。
もし、私がチビシロを見かけて、カワイイと思って、欲しいなと考えている人だったら、今回のおっそろしい台風の情報を入手した時点で絶対保護に駆けつけるはず。

10月8日(木)台風当日
台風当日。明け方窓の外はものすごい暴風雨。雨風が西から東へほぼ真横に吹いていた。
こんなにしなっている木々は見たことないってぐらいの恐ろしさ。
外のネコらがものすごく心配。。私が車運転出来たらこの日だけでも保護出来るコは保護するべきだったかも。。。でも家に保護出来るスペースないじょ〜(>_<)と頭の中が公園の猫らでいっぱい。みんな無事にいてくれるますように。。。。
特に公園で一番のチビッコ、チビシロが心配。生まれてまだ数ヶ月の仔猫に生き残る知恵があるだろうか???でももしかしたらもう保護されているかも。。。
もし、されてなかったとしたら、公園のスタッフの言葉には信憑性がないし、本当にチビシロを欲しいと思っていたらこんな台風にほおっておいたりしないよな・・?だよな、だよな。もう保護されてるよな!!
台風は思ったほどの被害は出ず、お昼にはすっかり台風一過。

10月9日(金)本当にごめんね、チビシロ。
翌日。
・・・
・・・
・・・
いた。。。(涙)

本当に申し訳ありません!!
もう人任せにしないからね。責任持つから!!

ネットの中でもゴロゴロゴロゴロ・・・・

とりあえず、玄関にいてもらう。キャリーボックスを寝床に、玄関先にトイレを用意。どうぞリラックスしてね、という間もなく・・・(゚ー゚;A
大物の予感

もう大丈夫って分かったのか?(きっとそうだ)スリゴロ度がヒートアップ。
笑顔まで出る出る。

笑ってる!!

もう心配いらないからね。

公園付近とかかりつけの動物病院に募集の張り紙をだし、待つこと数日。
里親希望の方が現れたのでした。しかも複数件!
嬉しくもあり譲渡先を選ぶ事の難しさを感じました。チビシロには選択権はないのです。

それと同時進行でうちの子にしたい気持ちが芽生えてました。
何故ならマロとチビシロを引き離すのがつらくなってきたから。本当の親子のようで。。
ふぅも少しずつ慣れてきて、2人はいい遊び相手になりそうでした。
そして私自身、チビシロがあまりにもかわいくて、離れるのがつらくなってました。

そんな時、いつもこの考えがよぎりました。
「これから先、いつどんな時にどんな仔を保護するか分からないぞ。」
公園の野良猫事情を知ってしまった今、これから先も捨てられたり、病気のコなど、困難な状況を強いられる猫たちとの出会いが予想されます。
そのたび保護して自分の家のコにしてたらほんの数ヶ月で我が家は崩壊するでしょう。
もらわれる仔は運のいいコ。ラッキーを引き寄せたコです。喜んで橋渡しをしていこう。

11月3日(火)譲渡
3連休の最終日。いよいよお別れとなりました。
里親さんはネコを亡くされたばかりで、チビシロの事をとても気に入ってくれました。

譲渡当日の朝。2人そろってネコハウスの中。

この姿を見ると、引き離すのは本当に申し訳ない気持ち。。。
でもでも、世の中には里親さんがずっと決まらず、保護ネコも減らず。。。で大変な思いをされている方たちがいる。それを思うと、わずか1ヶ月足らずで里親さんが決まった事はとてもラッキーで、ありがたいことだと思う。
里親さん宅には既にお見合いで伺っていて、安心してチビシロをお願いできるところだし。

でもでもやっぱりTNRと違う寂しさを感じずにはいられませんでした。
時々里親さんからかわいいチビシロの写メールが届きます。
こうして少しずつ大きくなっていく姿を見ることが出来るのは何より嬉しいです。
名前はリンちゃんになりました。

チビシロは我々の初の里子として、特別の思いがあります。
チビシロを通して色々な感情が芽生え、そのたびに考えさせられました。
でもね、君を里子に出せた私は、何かひとつハードルを越えられた気がしたよ。
これからもずっとずっと幸せに暮らしてね。
ずっと想ってるからね。


ノラ仕事06

久しぶりにSさんに電話。
Sさんは週に2回くらい、もう20年近く公園の餌やりを続けている方。
タイミングが合うと、週末顔を合わせることもあるんだけど、ここしばらくあえずじまいだったので、なんとなく気になっていた。
すると、なんと(>_<)、昨年12月ぐらいからずっと足腰の調子が悪く公園には行ってないとのこと。そうだったのか。。。今はだいぶ良くなってきたようで、ひと安心なんだけど、なにせ70代の方なので、あまり無理は出来ません。

それを聞いたら、なんとなく思い当たるフシが・・・。
年が明けてからの配食時、立て続けに手持ちの猫缶を食べ尽くしてしまって足りなくなるということがあったのでした。いままではそんな事なかったのに。
あまり深く考えてなかったんですが、猫たちにも少し影響が出ていたのかも・・・。

Sさんが少し復活するまで、週末以外でも行けそうな時は行こうと思いました。
様子を見るだけでも。。。という気持ち。

ということで、今日行ってきました。

確認出来たコ。

・キジ白2号
・ミケコ
・シャムッコ
・白ちゃん
・クロちゃん
・ハチワレちゃん
<別エリア>
・ブチ兄弟
・グレコ
・キジトラのコ

一人のため、カメラは持たずとりあえず何かあったらケータイで撮ろうと思っていたら、シャッターチャンスが!


白ちゃん、洋服着てるっ!!
本人は水を飲むのに夢中で私には一切無関心。
ごきゅごきゅ飲んだあと、のろのろと去って行きました。
洋服に関しては嫌がるそぶりはなかったので、それほど気にしてない感じ。
年寄りで、病気っぽくて、薄汚れてて、あまりひとけのないところにいる白ちゃん。
時々見かけては、「あんな寒そうなところにいて・・・。かわいそうに」と思ってましたが、同じ気持ちの人が服を着せてあげたのかもしれません。
人によっては虐待に映る人もいる?かもしれませんが、本人が嫌がってる風ではなかったのでたぶん大丈夫。中綿入りのダウンジャケットっぽい服でした。バッドマンのマーク入り。
それにしても服着たノラちゃん、初めてみた。

歩いて行くとちょうど通りがかりの人(?)から餌をもらっていたキジ白2号、ミケコ、シャムッコ。それを横目に先に別エリアから行くことに。

ブチ兄弟のカワイイ子がお腹を出してごろんごろんするので、かわいくてしばし遊ぶ。
グレコには抗生剤入りのゴハンを。キジトラのコ(キジカワイコでなく、すぐ逃げちゃうコでもないので3匹目?)も良く食べて行きました。

そして、いつもの場所へ戻ると既に食べ終えた猫たちの姿は見えず。
ただ一人の例外、ハラヘリ魔をのぞいては。


枝の陰が鼻筋を通って別猫に見えますが、ハラヘリ魔。


クロちゃんはいつもどこからともなく、遅れてやってくる。
絶対に触らせてくれない。
今日は黒缶のレトルト&シーバを食べていきました。

ん?これは影?

ハチコによく似た、それでいて目つきは奈良美智のイラストのようなコ。
お腹が空いてる風なのに、お皿を出すと逃げてしまう。
なかなか近付いてこないので30分以上かけてつかず離れずのところにいたら、よそ見しているウチに皿からぽりぽり食べてくれた。食後、日だまりでまったりしているところを少しずつ距離を詰めていったら、背中をなでさせてくれ、最終的にはアゴの下をなでることが出来ました。意志が通じたみたいで嬉しい。
小柄だけど、若いのかどうなのか?去年見かけたコのような・・・。
でもあのときのコだとしたら、今はずいぶん毛並みがぼさぼさだし、全体的に汚れている。


それっぽいコの写真。4月19日。
同じコかなぁ。。。イマイチ見分けがつかないよ(>_<;)


今度会ったら、同方向から写真を撮ってみなければ。
腕のあたりの柄で比べないとワカラン。


時々公園に通いながら思う事。
それは、Sさんにしても、Sさん言うところの猫おばさん(ウワサではおばあさんらしい)にしても、それなりにお年を召している方だということ。
もし彼女たちが何らかの事情で餌やりを続けられなくなった時、それは猫たちにとっては死活問題に繋がるということ。
幸いにもこの公園には訪れる人も多く、猫好きな人たちからゴハンをもらう光景を時々見るけど、猫たちが生きていくために必要なのは「毎日ゴハンをくれる人」だ。

今はまだいいけど、いつかはぶち当たる問題。


ノラ仕事05

寒さ厳しい冬なのでなんだか気になってしまい、毎週のように行ってます。

確認出来たコ。
・しょうちゃん
・キジトラコ(ハラヘリ魔)
・シャムッコ
・キジ白1号
・ミケコ

<別エリア>
ブチ兄弟
美人さん
キジカワイコ

※独り言※
他のブログで多数の保護猫ちゃんたちに名前をつけてらっしゃるところが結構ありますが、どうしたらそんな風に名前をつけられるのでしょーかっ?!


しょうちゃん、お腹がすいてたみたい。
いつもの片割れ、モデルが最近見あたらない気がするのは気のせい・・・?


キジトラコ改め、ハラヘリ魔(名付け親はここの餌やりをされてるSさん)
貫禄つきすぎだよ・・・。


シャムッコ。
まるっとした顔の中にブルーの寄り目。
この日はハラヘリ魔と競うようにしてゴハンを食べた後、げろーっと戻していた。ハラヘリ魔はそれすらモグモグと・・・(@Д@;



キジ白1号。
ゴハンの後の1服ならぬ1研ぎ。ちょっとだけヒコーキ耳がカワイイなぁ。


ミケコ。
最近少し離れた低木の陰に身を潜めていることが多い。
この日もいつものようにゆっくりゆっくり歩いてきたが、少しよろよろしてる感じ。このコも結構年いってるだろうな。。。外暮らしさせるのが可哀想になる。


<別エリア>

ここには去年生まれたコたちが5頭ぐらいいるらしい。
ちょっと見た感じ男の子率が高い。
この日はひげヅラ女子が唯一女の子だった。TNR時期を考えなくては・・。

ブチ兄弟(下2枚)
すてきな顔立ち。
ひげヅラですが、女子です。

ひげヅラを見てて思い出した。夏にこの子たちと一度会っていることを。

2009年8月14日に撮っていた写真。- - - - - - - - - - - - - - -  
あまりのかわいさに誘拐したくなった記憶が・・・(笑)
ちょっとビックリ顔ですが、ちょろちょろ近づいてきて愛嬌たっぷりでした。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

美人さん。
このコはだあれ?成猫?仔猫?よく分かりませんでした。
毛並みはブチ兄弟に似てる気がするけど。。。もしかしてブチ母なのか?

キジカワイコ。
目があらぬ方を向いてますが、すごくなつっこいコで、かわいい。
どことなくハラヘリ魔に似ているコ。

結構人慣れしているようで、なでなで、だっこをさせてくれるコたちが多い。Sさんの話では毎日餌やりをしている猫おばさんがいるらしい。前回もこの日も餌の皿にはたっぷりのカリカリがおかれていました。
周辺の低木のあちらこちらに段ボールや発泡スチロールで作られたおうちがありました。仔猫たちはこの家のおかげでなんとか生き延びているようだ。
一度お会いしたいなぁ、、猫おばさん。


マロのファッションショー

ペットに洋服を着せるなんて考えはこれっぽっちもなかったのですが、ここ数日の冷え込みのせいか?マロがくしゃみをし始め、「またぶりかえしてはタマラン!」と言うことで、やむなく「服を着せたらどうか?」という話になった。

第1弾がコレ。


フリースの端切れを使って、採寸もせず(O型ですが何か?)に腕のあたりの穴をあけ、背中を3カ所マジックテープで止めてみました。
不満まるだしの顔されてます(;´▽`A``。が、よちよち歩きつつも意外と脱ごうとはせず。暖かい事は認めてくれたのかな?

既製品ならどうなんだ?!
ということで、ついに禁断の世界への足を踏み外して踏み入れてしまった我ら。

「なんなんだよ、このデカいフードはよ?( ̄へ  ̄ 凸
と言ってますか?


パンダに食われてる・・・w( ̄Д ̄;)wとしか見えない画像


この後、マロはかなりご機嫌ななめになってしまったのでした。
にゃほM手作りの拘束服の方が良かったのかも?

こんな悪ふざけをしてる間に、マロのくしゃみも減ってきたので、洋服騒動は一件落着となりました。



ノラ仕事04

1月26日に書いてるため、写真を頼りに書いてます。
リアルタイムに書かないと、忘れちゃいますな(^▽^;)
しかも最近加速気味。

配食しつつ確認出来たコ。

・チャトラ
・シャムッコ(写真取り忘れ)
・キジ白1号、2号
・オカン(テリトリー変えた?)
・ペ(初出?)
・オッドアイ
・クロちゃん

<別エリア>
・地域猫っぽいコ
・キジトラ(判別不可能)

チャトラ
距離が縮まった?割と近くでゴハンを待っていた。
前回より目の状態がいい気もしたけど、両目から涙が出っぱなし。



オカン。
ここに定住する事にしたのか?すっかり周りとなじんでました。
さっすが、大人。他の連中との付き合い方が分かってる感じ。


ぺ。
ハチワレのコが結構いるんだけど、この子はたぶん新顔。
何故なら鼻の下に「カトちゃんぺ」みたいな黒い点がついてて特徴的。


キジ白2号。
かわいいな〜。この冬でだいぶむっくむくになりました。
しっかり皮下脂肪をつけて寒い冬を乗り越えてほしい。


キジ白1号。
兄弟そろって見るのは久しぶり。やっぱり2頭そろって見れると安心します。

ベロだし顔。可愛すぎます。


ちなみに、クロちゃん野性味あふれるベロだし(笑)


オッドアイ。デカくて貫禄もある。



<別エリア>
耳がかけてるコ発見!
自分たち以外にもこうして地域猫活動されている方がいらっしゃるということはとても心強いです。


そのほか、唯一撮った写真がコレ。誰なんでしょうか?
思い出せません・・・σ(゚・゚*)ンート・・・


久しぶり〜っ(*´∇`*)

譲渡当日にゲリP騒ぎを起こしてしまい、どたばたの譲渡となった日から1ヶ月と12日。
「ええ〜まだそんなもんだっけ??」年末年始を挟んだせいか(?)もう少し経ってるとばかり思っていたにゃほMですが。

ハチコに会ってきました〜!!

相変わらずのカワイコっぷりヽ(=´▽`=)ノ
ふぅより5日早く不妊手術を終え、無駄鳴きがおさまったらしいです。
赤い首輪がとても良く似合っています。

アンタ、だれ?(片耳ヒコーキ)

どうやら忘れられてしまったらしい。。目がキョどってるハチコ。
ちかよらないでよぉ〜

お、お、おがあぢゃぁあん!!

お茶を入れに席をたった里親さんを追いかけようと必死で(笑)

おみやげにネコじゃらしを持って行ったらすっかり気に入ってくれた様子。
さっきのビビリもどこへやら。。。
ウニャッ!

よっ!!

お正月はお餅のてっぺんのチビミカン転がしがお気に入りだったようです(笑)
箱ティッシュのティッシュより箱ガジガジが好きらしいです(笑)

保護してよかったなぁ。。。


おかえり、ふっちょ。

午前中ふぅが無事に帰ってきました。
目つきが弱々しく、疲れているようなので、そっとしておきました。
・・・そりゃそうだ。
全身麻酔で体を開けて臓器を切除したんだものな・・・大手術です。
良く眠って体力を回復するのが一番!

なんだかホッとしたような、甘えっこのような。。。
手術もだけど、慣れない場所でのお泊まりもかなりこたえたんだろうな。

翌日も食べる以外はほぼ丸1日眠り、翌々日ぐらいから調子出てきたかなーという感じ。
それを考えると、ノラちゃんの♀のTNRの場合は翌日リリースは体力的に厳しいかも。。
今のところキジトラコだけだけど。彼女の場合は通常1泊のところ、プラス2泊したのだけど、それで良かったのかもしれない。

おなかの傷はこんな感じ。チクビの周り、色がないぞ(笑)


先生がわざわざ切り取った部分を残しておいてくださいました。
にゃほMは行けなかったので、にゃほKが写真を撮ってきてくれました。


ノラ仕事03

ふぅを病院に預けた後、いつもの公園へ。

確認出来たコ。

しょうちゃん
オッドアイのこ(初)
キジ白1号
チャトラ
ハチワレ
キジトラコ
ブチコ
白ちゃん(写真なし)
(別テリトリー)
おかん(初)
キジトラちゃん
ぶち1
ぶち2
グレコ

以上13頭

今日は腹へりのコが多いようで、手持ちのゴハンがみるみる減っていく(^^;
来てよかった。

しょうちゃんは昨年初めて会ったときより状態は良さそうだけど、
右目の状態はあまりよくない気がする。


オッドアイのコ、もしかして前に見た事あったかなぁ。。。
でも一応初出ということで。。
最初、白ちゃんかと思ったけど、キレイな毛並みで白ちゃんより若い感じ。


キジ白1号。前回ほど鳴いてなかった。あのとき何を訴えたかったのかな。。。
気になるのは2号が今日もいなかった事。無事でいてくれますように!


チャトラ。
前回気になった目の部分、にゃほKの写真によって確認出来たがやっぱり悪そうだ。。。
他のコと比べると黒目白目の境が分からない。
目の回りも赤く腫れてるようだし、毛も薄い。
この日保護する事を考えたが躊躇し、結局抗生剤入りのゴハンを食べさせるに
とどまった。里親を見つけられるか微妙だし、家で治療の期間だけ、、というのも、「3日暮らせばもう情が移る」というにゃほKの言葉で妙に納得。
それに、人をかなり警戒しているので、触らせてくれない。
この日はビクビクしながらも割と食欲あったけど、このままにしておくのは。。。


初めてゴハンを食べに来た、ハチワレさん。
近くでみたらかなりデカい。まる級?(いや、まるの勝ちだろうけど。。)
健康な感じ。


今日はいないなぁ。。と思っていたらどこからかやってきてゴハンを食べていたキジトラコ。
その後堂々とおしっこして去っていきました。


久々にブチコ確認。
見つけた場所が普段ネコおばさんがいかない場所なので、あまりゴハンにありつけないのかも。この日一番の腹へりッコだった気がする。


<別テリトリー>

首輪をしていたけど、きっと餌やりさんがしてくれたんだろうな。
印象的なヘアスタイル(?)でとっさに「おかん」と命名(笑)
私たちに気づいたらそそくさと逃げていってしまった。


2頭のキジトラのうち、あまり人慣れしてない方のコ。
大きさもだけど、顔も、なんとなくふぅに似ている。
片方の目が調子悪そうだったので抗生剤入りゴハンを食べさせようとしたけど、ささーっと逃げてしまった。


夏に見かけたクロぶち兄弟。だいぶ大きくなりました。毛づやもいいし、健康そう。人なつっこくてカワイイ。




グレコ。かなり年寄りっぽい。
後ろ脚が怪我?病気?口の中もトラブルありそう。抗生剤入りのゴハンをあげた。


ふぅを診てもらっている病院の先生にこの時期のTNRについて質問。
この時期、ただでさえ寒さがネコにとってストレスになっているので、
あまり適した時期とはいえないとのこと。
今はどの子もこの厳しい冬の時期を乗り切る事に全力をそそいでいるのかもしれない。


calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

facebookページもあります。『いいね!』よろしく♪

Twitter

いつでも里親募集中

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

  • 猫鳴り(沼田まほかる・著)
    こみち

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode