ふぅ、不妊手術。

ふぅを保護して7ヶ月、不妊手術の日がやってきました。
(昨年末に予定していたのですが、ふぅの体調が悪く延期していました)

術前のふぅ
病院に向かうふぅ。

本当に珍しいことですが、出かける前にマロがふぅを舐めてやっていました。チビシロやハチコを里子に出す時もそうでしたが、マロは一大事だとわかるかのよう。

それにしても、「猫や犬の不妊手術は飼い主の責任」とはいえ、人間の都合で臓器を取り出し、ふぅは一生妊娠出来ないからだにしてしまうわけで、理不尽きわまりない。全く気分が悪い。

にゃほMとともにお昼前に病院に到着、簡単な誓約書をかき、「がんばれよ」と声をかけて明日までお別れ。ふぅは自宅以外に泊まるのも初めてなのでした。大丈夫なのだろうか。

そのままノラ仕事に行き、その後で夕飯の買い出しをしている最中に、病院からケータイに着信。にゃほMがコールバックすると、「無事終わりました」とのこと。

まずは良かった。
あとは一生幸せに過ごさせてやることが、今日の、せめてもの罪滅ぼしなんだろうな。

ノラ仕事02

今朝はみぞれ混じりの雨がちょっと降っていたけど、
晴れてきたので出かけてみた。

配食しつつ確認出来たコ。

白黒のコ
シャムッコ
キジ白1号
チャトラ
クロちゃん
白ちゃん

以上。

最初は誰もいなくてなんだか寒々しく感じたけど、徐々に現れては消えていった。
白黒の子はテリトリーがちょっと違うのか、ゴハン食べに来たことはない。
今日はたまたま遠くにいたのを確認出来たのみ。ハチコの親だと思われる。
チャトラが植え込みで休んでいたのを発見。近づいたら逃げてしまった。
生きててくれてホッとしたが、目がちょっと窪んでいてよく見えてないようだった。
白ちゃんは白いのに薄汚れて毛束でぼさぼさ顔も汚れているコ。
かなりの年??。
餌やりさんがいかない場所にいるので、かわいそうなのだ。
キジ白1号は本当にうっとりするほど可愛くなった。
誰かを探している感じ(2号?)で、かわいらしい声で必死ににゃあにゃあ鳴いていた。


※シャムッコ(去年の写真です)


<別テリトリー>
キジトラ2頭
ももちゃん

キジトラ2頭ともふぅより少し幼いかな?ぐらいの仔猫。
オスのコがとても人なつっこく、かわいらしい。
だっこして膝に乗せたらゴロゴロゴロゴロ。
顔がキジトラコによく似てるのでもしかして息子かも。
この子は簡単に捕まえられるな。
ももちゃんはかなりのお年で、ちょっと病気っぽいが食欲旺盛。
抗生剤入りのウェットを食べてもらった。

一人で行くときはとにかく配食優先&荷物軽減ということで、
カメラを持参しないにゃほMだけど、やっぱり写真付きで載せたいなぁ。
うーん。。。持ってくか。。。



来る年




2010年スタートしました。
寒さはこれからが本番ですが、あと2ヶ月半ほどで春の気配がしてくるハズ。
って考えると頭の中に桜がちらほら見えるにゃほMです。

私たちがいく公園には何人か餌やりさんがいるので、ガリガリのコは見あたらない。
毎日の餌やりはものすごく大変だろうし、継続するのが大の苦手のにゃほMは文句なしに尊敬しています。植え込みの目立たないところに段ボールでしつらえたネコハウスを仕込み、雨がしみないようにゴミ袋でカバーしたり。水が飲めるよう、空き缶を設置したり。
この公園でネコが生きていけるのは、こういう人たちの日々の支えがあるからなのは明らかです。

ただ、それだけを続けていると必然的にネコは増えてしまい、餌やりさんは配食がもっと大変になり、立場も悪くなってしまう。今は目をつぶってくれている近隣の人たちがいつ態度を変えるとも限らないし。そうなると一番困るのはネコたち。最悪居場所すら失いかねない。
ネコにはかわいそうだけど、今できる策としては数をコントロールするしかないと思う。

私たちがTNRを担当し、餌やりさんは配食を担当する。
という形でおのおのが出来ることを協力してやっていく事で近隣の理解を得てネコらが安全に生きていけるのなら・・・。
それが2010年も引き続き、今できる最善の形じゃないかな、と思う。


ノラ仕事01

年も改まったことだし、皆様にごあいさつ・・・と思い、公園に来てみました@昼下がり。

元旦の公園は生き物の気配がなくて寒々しく、色あせて見えました。
みんなお腹いっぱいでどこかに行ってしまったのか、
もしかしてネコなんて初めからいなかったのか。。。
不思議な気配。


シャムッコに会いました。



キジ白2号。1号はどこに行ったのかしら?


こんなに少ない日は今までで初めてです。
来るのが遅かったからだと思うけど、やっぱりみんなに会えないのは寂しいなぁ。

ゆく年

今年もいろいろありました。
(さっきまで書いてた記事を保存してなくて、全て消えたのが最後のいろいろかな・・・くぅぅうう・・・(ノД`)・゜・。)

そう、ヒトコトで言えば「猫三昧」な1年でした。

一番大きな出来事は、2月に起こりました。
15年と半年を共にした相棒、まるが天界に旅立っていきました。

まるは、にゃほMにとって初めての、そして唯一の猫でした。
まるの事は別の機会に書くことにして。。。
それまでのにゃほMは外猫には特別な関心を抱くことのない猫好きでした。

考えるきっかけになったのは、まるの死、そしてマロとの出会いでした。

お葬式をあげたその日、外で出会ったのがマロ。
この時は、マロの状態を良くみておらず、想像力欠如状態で「カワイー」と
写真をパチリしただけでした。
これが2月上旬の話。
マロを保護したのはGW直前だったので、一番つらい時期を外で過ごさせてしまった。
そのヘンの話も別の機会で・・・。(宿題多し(⌒_⌒;)

そしてマロ保護からほどない6月中旬。
500gの小さな悪魔を拾ってしまいました。ふぅ、左目が目やにでつぶれてました。
入れ物が無かったので、とりあえず手持ちのクロワッサンのお店の紙袋で。
(絵的に、スーパーの袋とかじゃなくて良かったーと後から思ったにゃほMでした)



8月中旬、本当のTNRを実行したのはこの子たちが最初でした。
右がキジ白1号、左が2号。1号は当時ヒドい猫風邪でした。
この時の一緒にした治療が効いたのか、1号の目やにはすっかり綺麗に治りました。


そして10月。
初の里親探しをすることになったチビシロとの出会い。
最初は全然カワイくなく、人生に疲れたおっさんみたいな表情でした。
(オンナのコですが。)
北名古屋市のおうちに嫁ぎ、ウレシイ反面、別れがつらかったにゃほMでした。


10月末にキュートなキジトラコのTNR。
ピアスが良く似合ってたのに、つい最近とれているのを発見。
やっぱり耳カットは必要ですなぁ。


11月上旬。
にゃほKとにゃほM、ずっと悩んでいたコ、サビッコの保護を決めました。
写真は保護直前のサビッコ、年齢不詳、この公園の主みたいな存在でした。
目が怖いんですよぉ。ヒィィィィィ(゚ロ゚;ノ)ノ


そして11月中旬。
今年最後の保護猫、ハチコ。初のweb掲載で関東までお届けという事にし、
どうなるかと思いましたが、ラッキーな事に町内の方からのお申し出が!!
あまりにも強運の持ち主、ハチコでありました。


今年がTNR元年になったにゃほKとにゃほM。
一度っきりの出会いとなってしまった猫も数え切れないほどでした。
保護したかった、と思うコもいましたが、その後会うことはありませんでした。

現在家にはマロ、ふぅ、サビッコの3頭がいます。
にゃほMはこの冬、猫アレルギー&喘息が悪化し、医者からは「え?猫??まだいるの?」
などと冷たいお言葉を浴びましたが、確かに考えなければいけません。
高性能の掃除機、空気清浄機、寝室には入れない、毎日の掃除など、
お金と時間で出来る事はしつつ、来年TNR2年目を迎えたいと思っています。
(ちなみに食べ過ぎもアレルギーには敵なんですが、にゃほM、それが一番の問題かも・・)


どーこだ?

にゃほMとともに、午後から久々のノラ仕事。

ミケコ

誰かにゴハンもらったばかりか、とにかく眠そうなミケコ。
保護色でどこにいるかさっぱりワカラン!(笑)。

日中にしっかり日を浴びておくんだよ。
今日も寒い夜がくる。

マロの右目

毛繕い中のマロ

歯茎の肉芽腫のための注射が2週間おきに必要となってしまい、本日、マロは猫先生のところに通院。
で、注射を打ってもらった後の猫先生の言葉。

「このコ、右目ちゃんと見えてるのかな?」

結膜炎で調子の悪い左目を隠し、猫先生が右目にぐっと指先を近づけても、まぶたを閉じたり、逃げようとしたりしないのだ。

マロの右目の視力がない。

診察室で愕然とする、にゃほKと、にゃほM。
まったくそんなことは考えもしなかった。

マロは目が大きいね、カワイイね、なんて脳天気なことを言いつつ、アンバランスな目の大きさが気にはなっていたのだが、そういうことだったのか。

公園にいた頃は猫風邪がひどく、目が開いていられないほどだから全く気づかなかった。保護して猫風邪が治まると既に右目は大きかった…ということは、保護する以前から視力は失われていたのだろう。多少鈍くさいことも、これで合点がいく。

なんか、ショック。

しかし、そんなこと関係なく、相変わらずひょうきんなマロ。にゃほKもにゃほMも、とても救われるのだった。マロ自身はきっと何とも思っていないだろうしね。

まるさんは、そんなことも全部わかった上で、にゃほKとにゃほMをマロに引き合わせたんだろう。優しいね、まるさん。

雪の日。

ここ数日ぐんと冷えるなーと思っていたら、
今朝はなんと雪が積もっていた。積雪3センチぐらい・・・?
天気が良くてお昼にはすっかり溶けてしまったけど。

うちの中はストーブ&ホットカーペットでほっかほか。
ネコたちはそれぞれ好きなところで気持ちよさそうに昼寝中。

マロはネコベッドの中で

ふぅはホットカーペットの上で

サビッコはケージの中で
(こんな無防備な姿を撮れたのは初かも!慣れてきたんだなぁ。しみじみ)
それにしてもサビ柄って一瞬どこが顔か分からないし(笑)

マロもサビッコも去年の今頃はあの公園でノラ生活暮らしていたハズ。
ふぅは生まれてないな。
こうして無防備な寝姿を見せられると「ここにいれて良かったなぁ」って
思ってくれてるといいな、と思う。

それと同時に今この瞬間も公園にいるキジ白兄弟や、キジトラコ、
シャムッコ、クロちゃん、ハンサムたちが心配。
キジ白兄弟は今年初めての冬、初めての雪にどうしてるだろうか。
ゴハンもらえてるかな。風邪ひいてなきゃいいけど。
彼らが寝てるのはいつも枯葉の上だから、こんな日は本当にせつない。
すぐ近くだったら見に行きたいけど、家から電車乗り継いで1時間の
ところなのでしょっちゅうは行けないのだ。

全員引き取って一生面倒見るなんてことは現実的には無理だけど、
こんな寒い日だけでもみんな一緒にウチに入れてあげられたらなぁ。

里子に出したリン(旧・チビシロ)とハチコはこれからずっと暖かい冬を
過ごせると思うと、迷いながらも保護したこと、ホントによかったと思う。


雪といえば確か、まるの写真も撮ったなぁと探してみたら、あったあった。

いぢわるな飼い主にデカい雪玉を載せられ、ムっとする、まる。

あはは〜懐かしいな。
って思い、日付をみたら2008年2月9日でビックリ。
ちょうど1年後の同じ日に、まるはあの世に旅立ったのでした。


暴君ふぅ

最近あまりに夜中のひとり運動会が激しいふぅ。
ネコがみんなそうかというとそうでもなくて、
マロは暴れないし、ふぅの行動に明らかに大迷惑してる。

ある日明かりを消したらまた始まったひとり大運動会。
台所のシェルフからモノを落としたり、シンクに上がったり。
そのたび布団から飛び出して怒るんだけど、その時だけ反省したフリ。

これじゃー眠れない!!ヽ(  ̄д ̄;)ノ
ということで、サビッコのいる保護部屋に閉じこめて就寝。
夜中に遠くでガジガジ聞こえるなぁ。。と
夢うつつで考えてたけど、眠さに勝てずそのまま朝を迎えた。

すると、にゃんと。。。

※走り去る黒い影

ひぃいいいいい〜〜〜(°◇°;)

あまりにもひどい有様にしばしボーゼン。。。
なすすべなくぼんやりしてると

ん?その向こうに。


静かにたたずむ白い物体。


まるで瞑想中・・・ぷぷっ。


ちょっと癒された。



一体誰が・・・?!

我が家では時々ネズミの水死体が上がる。
このような事件が幾度となく起きている。


つい先日はベッドの下にフェイスブラシが転がっているという怪事件も発生。
持ち主はもう何年もこのブラシを使っていないというのに・・・。
全く気味が悪い。


そして今朝はにゃほKのリュックの奥深くに入っていたカリカリ袋が無惨な姿で
同じくベッド下から発見された。
痛ましい事件である。


いったい、誰がこんな事を・・・?

いったい、
誰が、
こんな事を・・・?


「さぁ、知らないわ。うふふふふ・・・」






calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

facebookページもあります。『いいね!』よろしく♪

Twitter

いつでも里親募集中

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

  • 猫鳴り(沼田まほかる・著)
    こみち

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode